9月例会

[日時] 99日(土)14時から16

[場所] かしはらナビプラザ5F市民活動交流広場

    (近鉄八木駅下車すぐ)

   http://www.kashihara-naviplaza.com/access.html

8月は例会お休みですが、10月23日午後に予定しているブラダン・コチ奈良古民家チェロコンサートの打ち合わせによっては、臨時に開くこともあります

| | コメント (0)

6・28 死刑を止めよう宗教者ネットワークの第25回死刑廃止セミナー

主  催 「死刑を止めよう」宗教者ネットワーク
     京都から死刑制度の廃止をめざす弁護士の会
     死刑廃止を求める「京都にんじんの会」

事件発生から70-再審を求め続けて 福岡事件再審運動キャンペーン「私はわらじが脱がれない」

期  日 6月28日(水)18:0020:00

会  場 日本キリスト教団 室町教会 京都府京都市上京区大門町270

 講  師 古川龍樹 「福岡事件」について

資料代 \500

関連展示 「叫びたし寒満月の割れるほど」展

展示日程  627日~28日 会場 室町教会 1階

事件の概要とその後は以下のチラシをご覧ください

» 続きを読む

| | コメント (0)

次回例会

[日時] 7月1日(土)14時から16時 [場所] かしはらナビプラザ5F市民活...

» 続きを読む

| | コメント (0)

次回例会は、5月21日@橿原

次回例会は下記の日時に行いたいと思います。  よろしくお願いします。  ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2・18、19 ガザ朗読劇@神戸三宮

■■□=====================================================

平和を目指す朗読集団「国境なき朗読者たち」が贈る

 朗読劇 「The Message from Gaza ガザ、希望のメッセージ」

     http://readersforpeace.sakura.ne.jp/

======================================================□■■ 

日時:2月18日(土)18:30開演(18:00開場、20:15終演)
      
 2月19日(日)14:00開演(13:30開場、15:45終演)

 会場:神戸市勤労会館2階多目的ホール(三宮)
         
三宮駅から東へ徒歩5http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/index.html
料金:事前予約 1500円(障がいのある方および介助の方、学生1000円)
当日(予約なし)2000円(同1500円)
予約・お問合せ:080-5314-1539(つくい)
tsubamegekidan@gmail.com (つばめ劇団)

脚本・演出:岡真理(現代アラブ文学)

出演:朗読集団「国境なき朗読者たち」

制作:つばめクラブ、市民社会フォーラム

協力:アムネスティ西日本グループ、劇団どろ、神戸学生青年センター、神戸YWCAピースブリッジ、兵庫教職員組合

★会場で、パレスチナの刺繍製品を販売いたします。

★地方公演もいたします。地元で公演を共催していただける方(個人、団体)がいらっしゃれば、ご連絡ください。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2・25 2月例会@奈良

次回例会を下記日時に行いますのでご参集お願いいたします。 [日時] 2月25日(...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2・24[死刑を止めよう」宗教者ネットワーク第24回死刑廃止セミナー

主催:「死刑を止めよう」宗教者ネットワーク    京都から死刑制度の廃止をめざす...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年最初の例会と新年会は1月21日

①11時~12時 例会+お話(「濱田家と戦争」担当:浜田) 奈良県女性センター2...

» 続きを読む

| | コメント (0)

謹賀新年

良い年になりますように! 2017年1月1日 版画:スイスイ作

» 続きを読む

| | コメント (0)

1・7 池田浩士講演会「ファシズムと死刑」

日時 2017年1月7日(土)14:00 ~ 16:30(開場13:30)

会場 ドーンセンターアクセス 5階 特別会議室

参加費 1,000円 ※申し込み不要(先着順)

講演者:池田浩士さんのプロフィール

1940年生まれ。ファシズム文化研究、京都大学名誉教授。

主な著書:『死刑の「昭和」史』(1992年、インパクト出版会)、『死刑文学を読む』(2005年、共著、インパクト出版会)、『ヴァイマル憲法とヒトラー』(2015年、岩波書店)、『戦争に負けないための二〇章』(2016年、共和国)

主催・お問い合わせ 公益社団法人 アムネスティ・インターナショナル日本
TEL : 06-6227-8991(アムネスティ日本 大阪事務所)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2015年のライティングマラソンの対象者その後

昨年、私達が全世界で行った2015 Write for Rights キャンペーンに、数十万人の人々が参加しました。その結果370万通を超える手紙が送られました。2015年にアムネスティが取り上げた人々がその後、どうなったかを紹介します。
ブルキナファソ
強制結婚させられる少女たち548x300_burkina__in_a_shelter_for_v
ことしの初め、新政府は少女たちの強制結婚を止めさせること、女性の法的結婚可能年齢を18歳まで引き上げることを明言しました。その声明を出す際、政府はアムネスティの支
援者から数万通の手紙を受け取ったことに言及しました。
ビルマ
ピョー・ピョー・アウンさん548x300_myanmarpolitics
平和的な抗議運動を行使しただけで逮捕されていたアウンさんなどの学生たちは4月に釈放されました。「私は、アムネスティ・インターナショナル、そして私の釈放のためのキャンペーンに参加したすべての人々にとても感謝しています。」「皆さんが行っている国際的な運動は私たちの身柄の拘束を解くよう政府に圧力を加えてくださいました。また、皆様が私たちに連帯してくださっていることを知り、大きな心の支えとなりました。」と彼女は語っています。
「手紙を受け取ることは私に本当に勇気を与えてくれます…。私、そして私たちの運動に差し伸べてくださったご支援に、心から感謝します…。皆さんからのお手紙は単なる手紙じゃありません。学生に対するのみならず、ビルマの将来に向けての大きな贈り物でもあり、偉大な力でもあるのです。 ピョー・ピョー・アウン」
コンゴ民主共和国
フレッドさんとイブさん548x300_lucha_activists_in_drc_call
民主化運動活動家のフレッド・バウマさんとイブ・マクワムバウさんは8月に釈放されました。
「私の解放のために、いろいろと支援してくださったアムネスティ・インターナショナルそしてすべての人々に感謝します。」
とフレッドさんは語っています。
エルサルバドル
テオドーラ・デル・カルメン・ヴァスケスさん
アムネスティは収監されているヴァスケスさんを5月に訪問しました。彼女は健康でした。また私たちは新法務大臣にも面会し、署名と手紙を手渡しました。しかしながら、残念なことに、その後、中絶をした女性の刑期を50年に延長する法案が野党の一部の国会議員によって、提出されました。
エジプト
イスラー・アル=タウィールさん
抗議中に背中を撃たれた後、逮捕されたていたイスラー・アル=タウィールさんは健康を理由に2015年のクリスマスの直前に、刑務所から出所し、自宅監禁の下に置かれました。その後2016年の2月に、治安当局からのすべての制限が解除され、彼女は、今は公に自由の身になりました。
ギリシャ
コスタスさん
コスタスさんと彼のパートナー(難民)は2014年にアテネで、同性愛嫌悪・人種差別の襲撃を受け、強く殴打されました。
アムネスティの2015年のWrite For Rightsキャンペーン中、約150,000人の人々が彼のために行動を起こしました。
「私が災難にあった後、世界中で、こんなにも多くの人々が行動を起こしてくださったことは、本当に感動的です。世界の至る所から届いた手紙は次のことを教えてくれます。
『いかなる愛も差はなく、どのような環境にあっても、掛けがえのない大切なものである』と。皆さんからの手紙は私達がこの環境にあっても、孤立していないことを気付かせてくれます…。素晴らしい皆さんに感謝します。 コスタス」
イラン
サマン・ナシームさん
サマン・ナシームさんが反国家的活動に参加したということで逮捕されたのは17才の時でした。彼は拷問を受け、自白を強制されたと国営放送で語っています。彼の裁判は新たに、この秋に始まることになっています。
マレーシア
ズナールさん
ズナールさんは彼が2015年2月にツイートした漫画が国民を扇動したとの理由で、現在裁判にかけられています。彼は彼に対する容疑の違憲性を主張するために、クアラルンプール刑事裁判所に訴えを起こしました。裁判所の決定は11月22日にされる予定です。(注:報道によると、裁判所は彼の訴えを退け、彼は11月26日に逮捕された。)
メキシコ
イェセニア・アルメンタさん548x300_yecenia_armenta_mexico_with
イェセニアさんは15時間の拷問を受けた後の「自白」に基づいて拘留されましたが、6月に釈放されました。「私が孤立していないと書かれたこれらの手紙を受け取り、私はとてもうれしく思いました。そして今、その通り、私は独りぼっちじゃないと思います。これらの手紙は本当に私を支えてくれています。そして幸せな気持ちになっています。他の人々の権利を今も気にかけてくださる人々がいる、しかも、その人たちは私の知り合いでもないということを思うと、感動します。」と彼女は釈放を前に、語りました。
「私は心から感謝しています。手紙を書いてくださった人々は不当な状況に置かれている人々を支援するという、とても素晴らしいことをなさっていると思います。そのような人々に接し、私の心は誇りで一杯になりますし、素晴らしいことだと感じます。イェセニア・アルメンタ」
サウジアラビア
ワリード・アブ・アル=カさん
ワリードさんは人権擁護活動を展開したという理由で、現在もなお15年の刑に服しています。
シリア
ラニア・アラバッシィさんと彼女の6人の子供たち
彼女と彼女の子供に何が起こったかについて、またその消息について、当局は、ラニアさんの親族に、今も一切の情報を提供していません。
米国
アルバート・ウッドフォックスさん548x331_albee_free
2015年のWrite for Rights キャンペーンの際に、世界中で20万人を超える人々がアルバートさんのために行動を起こしました。そして彼の69歳の誕生日である2月19日に、彼は無罪放免となったのです。彼が最初に独房に収監されてから実に44年ぶりのことです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

12・3ライティングマラソン2016 chain letter

奈良グループは、12月3日、土曜日、午後3時から5時まで、かしはらナビプラザ、市民活動交流広場で、はがきかきをします。
対象のケースは11か国の11人、かのエドワードスノーデンさんや、ウイグルのトフティさんも含まれています。
かしはらナビプラザは
Side_map
近鉄大和八木駅前にあります
そのあと計画していた忘年会は都合により中止になりました
 

» 続きを読む

| | コメント (0)

12・13 死刑執行停止を求める諸宗教による祈りの集い2016

「死刑を止めよう」宗教者ネットワークの催しのご案内です。 この催しは、死刑を執行...

» 続きを読む

| | コメント (0)

12・3 ライティングマラソン@橿原

 ライティングマラソンと次回例会を連続して開催しますので  よろしくお願いします...

» 続きを読む

| | コメント (0)

11月例会は取りやめ、次回例会は12月3日

11月の例会ですが、集まりの良い日が見つかりませんでした。  11月の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

10・18[死刑制度の廃止を含む刑罰制度全体の改革を求める宣言]

報道でご承知と思いますが、日弁連は人権擁護大会で「2020年までに死刑廃止をめざ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

次回例会は10月1日(土)@かしはら

10月例会は1日土曜日午後2時~4時 かしはらナビプラザ5F市民交流広場 タイ、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

9・24「ルンタ」上映と池谷薫監督講演「チベットの非暴力の心」

奈良グループ後援の催しを案内します。一ヶ月後ですので気候も良い頃です。

奈良観光も兼ねてお越し下さい。

 

奈良フェスティバル2016

「ルンタ」上映池谷薫監督講演「チベットの非暴力の心」


日時:
2016924日(土)

場所:奈良市ならまちセンター  0742271151  近鉄奈良駅から徒歩9分(猿沢池南側)

 映画上映10:00(池谷監督講演12:00質疑応答なし)

 映画上映14:00(池谷監督講演16:10質疑応答あり)

参加費:当日1300(アムネスティ大阪事務所においてあるフェスティバルチラシ持参の方は1100です。当日、受付に居りますので「アムネスティ関係だ」とおっしゃればチラシをお渡しします。)

主催:映画鑑賞団体全国連絡会

後援:奈良市

   アムネスティ・インターナショナル 奈良グループ

連絡:奈良シネマクラブ事務局  0742231147 fax 0742231158

 

上映作品「ルンタ」(111分、2015)中国政府の圧政に対し非暴力の闘いを続けるチベットの人々を捉えたドキュメンタリー。不屈の精神で強大な権力に立ち向かうチベット人たちの生の声をすくいあげ、慈悲や利他の心に基づいた彼らの内なる思いを浮き彫りにしていく。

 

池谷薫監督講演「チベットの非暴力の心」池谷監督新作の「ルンタ」は非暴力の闘いに込められたチベット人の心を描いています。不屈の精神で非暴力の闘いを続けるチベットの心と映画への想いをたっぷりと語って頂きます。


18
00から、交流会が、ならまちセンター1F「コトコト」であります。別途5千円 要予約です。

 

なお925日にもフェスティバルの分科会が開かれます。(参加費500円。映画・講演はありません。)

» 続きを読む

| | コメント (0)

8月28日例会のあと、タイ料理店へ

次回例会

 日時: 8月28日(日)15時~16時30分

 場所: 奈良県女性センター2F活動支援コーナー

(近鉄奈良駅前東向き商店街)

 *終了後、タイ料理の店に行く予定17時30分~

» 続きを読む

| | コメント (0)

7月例会は16日@橿原

7月16日(土)午後4時から6時 近鉄大和八木駅前 かしはらナビプラザ5F市民活...

» 続きを読む

| | コメント (0)

6・26 世界難民の日関西集会2016

2016年6月26() 13:30~16:30
                      大阪市立住まい情報センター 3F ホール
                       アクセス
  大阪市北区天神橋6丁目4-20  TEL. 06-6242-1160

【集会内容】

                      主旨説明 日本の難民の現状 実行委員会より
                      *講演 「ようこそと言えるように!」 難民ナウ 宗田勝也氏
                      *基調講演 「大難民時代と日本の在り方」
                              難民支援協会(JAR)常任理事 なんみんフォーラム(FRJ)副代表 
石井宏明氏
                      *難民からの声
                      *難民裁判事例報告 「国際基準の難民裁判を!」
                               アフガニスタン難民不認定取り消し訴訟Rさん担当弁護士 仲 晃生氏 ほか


                      *写真展、NGO紹介ブースなど

 ※ 当日の様子はUstreamにて中継! (難民ナウ!TV)

                     【資料代】一般1000円 学生500円
世界難民の日関西集会 チラシ オモテ
チラシ オモテ
(PDF)
世界難民の日関西集会2016 チラシ ウラ
チラシ ウラ
(PDF)

» 続きを読む

| | コメント (0)

要請文

Prime Minister 
   Yingluck Shinawatra
Government House
Pitsanulok Road,Dusit District
Bangkok 10300、Thailand

 日付

Dear Prime Minister,

I am writing to express my concern at the imprisonment of Somyot Prueksakasemsuk under Article 112 of the Thai Criminal Code for publishing magazine articles. Amnesty International believes that he has been penalized for his peaceful exercise of the right to freedom of expression, and urges your government to drop charges against him and release him from detention.  I am calling on the Thai authorities to immediately and unconditionally release Somyot Prueksakasemsuk and all other persons detained or imprisoned for exercising peacefully their right to freedom of expression.

Your attention on his matter would be highly  appreciated.

Sincerely yours,

(署名)

奈良Gが担当していましたビルマの学生さんが釈放され、今回タイ国のジャーナリストを奈良グループは良心の囚人としてハガキ書きをすることになりました。

お名前は、Somyot Prueksakasemsuk さん。男性。1961年9月20日生まれ。
職業は、労働運動家、元雑誌編集者、家族は、妻、息子、娘の四人暮らし。
2011年4月30日、雑誌に載せた二つの記事が不敬罪に当たるとして10年の刑罰に処せられています。タイは王様を冒涜するとこの刑を処せられます。
アムネスティは、表現の自由が犯されているという立場から、彼を良心の囚人のケースとみなしています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

6月例会は25日(土)@奈良

次回例会は、6月25日(土)2:00~4:00p.m.

近鉄奈良駅前東向き商店街の奈良県女性センター2F活動支援コーナー

» 続きを読む

| | コメント (0)

奈良グループの新しいケース

ビルマの良心の囚人Phyoe Phyoe Aungさんが釈放されたので、 新たにグループで、タイの良心の囚人Somyot Prueksakasemsukさんのケースを担当することにしました。
Images

彼は「タクシンの声」の編集者でした。その中で取り上げた記事のキャラがタイ王族を揶揄したとして、不敬罪で10年の刑に服しています。2011年4月30日に逮捕されて以来保釈は許可されていません。逮捕の5日前、彼は議会で不敬罪法を見直すよう署名キャンペーンを始めたところでした。また2006年の軍事クーデターのときの兵士への名誉棄損でも1年の刑を言い渡されています。

2012年国連の恣意的拘禁に関する調査団が入り、このケースはタイも締約国である国際人権条約とICCPRに違反しているとして釈放を求めました。

アムネスティは彼を良心の囚人とみなしています。

» 続きを読む

| | コメント (0)

6・12 『望むのは死刑ですか 考え悩む"世論"』 上映&長塚洋監督のトークイベント

★この上映会では、長塚洋監督にアフタートークをしていただくとともに、鑑賞して感じたことなどを語り合う時間も設けます。多くの方のご参加をお待ちしています。

日時  2016年6月12日(日)14:00~16:30

会場  HRCビル 4階研修室(大阪市港区波除4-1-37)

参加費 1,000円 ※事前申込不要(先着順)

主催・お問い合わせ アムネスティ・インターナショナル日本 死刑廃止ネットワークセンター大阪  E-mail: shihaiamnesty@yahoo.co.jp
ドキュメンタリー映画 『望むのは死刑ですか 考え悩む
チラシをダウンロードする(PDF)

» 続きを読む

| | コメント (1)

宮川医療少年院を参観しませんか

主催 アムネスティ・インターナショナル日本 国内人権ネットワーク
日時 2016年8月29日(月)13:30~15:00
場所 宮川医療少年院、 〒519-0504 三重県伊勢市小俣町宮前25  アクセス 宮川駅から約1.3km(徒歩で約21分)
定員 20名( アムネスティ会員または国内人権ネット会員限定)

■申込締切 2016年8月14日(日)
申込み先 下記の項目を入力の上、メールでm27afe234c6k46@k.vodafone.ne.jp(担当:小谷)までお申込みください。
メールタイトル:「宮川医療少年院参観」 氏名(ふりがな) 住所 性別 年齢 職業 所属(アムネスティの会員、もしくは国内人権ネットの会員) 緊急時の連絡先 。
申し込み後2日経っても返事がなければメールが届いていないか気付いていない可能性があります

◎医療少年院の種類
【特殊教育過程】
手術や専門的治療など医療措置が必要な少年(身体疾患者や身体障害者、精神病など)を収容する「病院」としての医療少年院には該当せず、知的障害者や情緒的未成熟者およびそれらに準じた少年などの、一般の少年院では教育が難しい少年の収容に対応しています。
このような少年院は全国に3ヶ所あり、宮川医療少年院(三重県)の他に神奈川医療少年院(神奈川県)、中津少年学院(大分県)が対応しています。

【医療措置過程】
医療措置が必要な少年を収容する病院としての医療少年院は、関東医療少年院(東京都)と京都医療少年院(京都府)が該当します。 宮川医療少年院は三重県伊勢市にあり、主に東海・北陸・近畿地方の家庭裁判所において、少年院送致を言い渡された12歳以上20歳未満の男子少年のうち、軽度の知的障害がある少年や情緒的未成熟者を収容しています。 少年院を知る貴重な機会です。一緒に参観しませんか。 ※アムネスティ会員の方、国内人権ネットに所属している方がご参加をいただけます。 。

※宮川医療少年院参観の際は、国内人権ネットワークの参観の責任者の指示、少年院の職員の指示に従っていただきます。 ※チラシの配付はアムネスティのチラシに限らせていただきます。

» 続きを読む

| | コメント (1)

4・30 和歌山毒物混入事件の現状~科学鑑定における専門家の役割~

連続セミナー陪審制度を学ぶ  刑事裁判の現在・過去・未来 第17弾 第1回 主催...

» 続きを読む

| | コメント (0)

5・21と5・22アムネスティ映画祭・関西2016

会場 クレオ大阪中央:大阪市立男女共同参画センター 中央館 (〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5-6-25)
四天王寺前夕陽ヶ丘駅(地下鉄谷町線)1・2番出口から北東へ徒歩約3分

料金
1枚券(上映作品ごとのチケット)/前売り800円、当日1,000円
1日券(各日ごと3作品分)/前売り2,000円、当日2,500円
アムネスティ大阪事務所で購入、または下記のメールまでお申し込みください。
TEL:06 - 6227- 8991 FAX:06 - 6227- 8992
Email:
ai50ashiya@yahoo.co.jp

1日目(5月21日・土)のスケジュール

【13:30/Call Me Kuchu ウガンダで、生きる】

2009年、ウガンダで同性愛行為の最高刑を死刑とする法案が提出された。法案の成立を阻むため、また性的少数者の権利を求めて、ウガンダ社会と闘い続けたデイビッドとその周囲の人びとを描いた衝撃作。劇場未公開。[予告動画を見る]

監督:キャサリン・フェアファックス・ライト、マリカ・ゾウハリ=ウォロール/2012年/米国、ウガンダ/87分/ド キュメンタリー/配給:シネダイム・エンターテイメント/共催:やっぱ愛ダホ!idaho-net./原題:Call Me Kuchu
Call Me Kuchu ウガンダで、生きる
© 2010 Katherine Fairfax Wright
【15:30~16:00/講演:堀江 有里さん】

ECQA(信仰とセクシュアリティを考えるキリスト者の会)代表。社会学、クィア神学の研究者。著書に『レズビアン・アイデンティティーズ』 など。ウガンダ法の背景にあるグローバルな同性愛嫌悪や宗教についてお話しいただきます。
堀江 有里さん
堀江 有里さん
【16:15/アイ・ウェイウェイは謝らない】

中国の代表的な現代芸術家であり反骨の活動家であるアイ・ウェイウェイ。中国政府の厳しい監視下に置かれ、暴行や8 1日間の拘留を経てもなお、芸術を生み出し、ユニークな方法で政府に挑み続ける彼の素顔に迫ったドキュメンタリー。[予告動画を見る]

監督:アリソン・クレイマン/2 012 年/米国/91分/ドキュメンタリー/製作:ユナイテッド・エクスプレッション・メディア/配給:キノフィルムズ/原題:AI WEIWEI : NEVER SORRY
アイ・ウェイウェイは謝らない
©2012 Never Sorry, LLC. All Rights Reserved
【18:30/NO ノー】

1988年のチリを舞台とし、ピノチェト軍事独裁政権の是非を問う国民投票における反対派のキャンペーン活動を描く。反対派に許されたのは15分間のテレビC Mだけだったが… 実話を元にした社会派のエンターテインメント。[予告動画を見る]

監督:パブロ・ラライン/2012年/チリ/118分/配給・宣伝:マジックアワー/原題:No
NO ノー
©2012 Participant Media No Holdings,LLC.

2日目(5月22日・日)のスケジュール

【13:30/我々のものではない世界】

パレスチナ難民キャンプで育ち欧州へ移住した監督が、里帰りして撮影した映像と昔のビデオで家族の物語と難民キャンプの変容を描く。先の見えない閉塞感の中で、生活を続けざるを得ない人々の希望と絶望が胸に迫る。劇場未公開。[予告動画を見る]

監督:マハディ・フレフェル/2012年/パレスチナ、アラブ首長国連邦、イギリス/93分/ドキュメンタリー/作品提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭/原題:A World Not Ours
我々のものではない世界
写真提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭
【15:30~16:00/講演:岡 真理さん】

京都大学教員。専門は現代ア ラブ文学。人権の彼岸に生きる「難民」の生を思想的に考究。著書に『アラブ、祈りとしての文学』ほか。朗読集団「国境なき朗読者たち」を主宰、各地でガザ朗読劇の上演活動を行う。
岡 真理さん
岡 真理さん
【16:15/異邦人の河】

在日韓国人キャスト&スタッフによる初の映画。在日二世の「青春」映画で、当時の日本の世情と韓国政権に対して鋭く問題をつきつけている。ジョニー大倉の幻の映画とされる。中村敦夫、米倉斉加年など実力派の俳優陣。

監督・脚本:李学仁(イ・ハンギ)/製作:中村敦夫、李学仁/1975年/日本/115分
異邦人の河
©有限会社天遊DVD発売元:DIGレーベル(株式会社ディメンション)
【18:30/白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の日々】

反ナチス抵抗組織「白バラ」のメンバーで、国家反逆罪により21歳で処刑されたゾフィー・ショルの最後の日々を描く。(2005年ベルリン国際映画祭で監督賞と女優賞)[予告動画を見る]

監督:マルク・ローテムント/2005年/ドイツ/120分/配給:カルチュア・パブリッシャーズ/原題: Sophie Scholl – Die letzten Tage
白バラの祈り ゾフィー・ショル 最後の日々
©Jürgen Olczyk/S ophie Scholl ©copyright by manuel aicher,dietikon, switzerland

» 続きを読む

| | コメント (0)

Phyoe Phyoe Aung さんたち釈放

学問の自由を訴えた、ミャンマー(ビルマ)の全国的学生のデモによって、拘禁されていた学生運動家 Phyoe Phyoe Aung さんたちとその支持者を世界中のアムネスティは良心の囚人として、釈放を要請してきました

ライティングマラソン2015、日本支部、良心の囚人チーム、奈良グループとしても・・・
8日のメールで要請はがきを作成していたら、9日釈放されたというメール、
よかった、よかったヽ(´▽`)/

» 続きを読む

| | コメント (0)

5月の例会は14日15時@橿原

例会の時間を2週間前の告知より1時間早めます。よろしくお願いします
【変更後】 [日時] 5月14日(土)15時~17時

[場所]かしはらナビプラザ5F市民活動交流広場(近鉄八木駅下車すぐ)http://www.kashihara-naviplaza.com/access.html
[内容]
 ・再開総会(5/29)への対応
  *3月の総会で活動計画案が否決されたため、5月29日に再度総会を開催することになっています。
  *ただし、新活動計画案の送付が5/20のようですので、例会で具体的に話し合うのは難しいかもしれません。

 ・奈良グループの今年度の活動
  *事前に具体的に考えてきてください(講演会なら講師・テーマ)
  ・・・岡真理さんの朗読劇については、開催は見送ることにしました。

 ・時間があれば、話題提供、浜田

» 続きを読む

| | コメント (0)

«3・12死刑廃止への道 高橋哲哉さん、岡野八代さん対談講演会