« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

ジョーン・バエズの宿題

AI奈良グループのドナドナさんが、アムネスティのボランティアになったのは・・・・・・・・・・・

 10代の終わりに出された宿題、いつかやらねばと思いつつ今日まで来ました。

 30年程前、当時僕は反戦歌手ジョーン・バエズの大ファンでした。彼女の2度目の来日コンサートに出掛けた時のことです。彼女は公演の中で僕たちにこう訴え掛けました。

 「チリで軍事クーデターが起き、多くの人々が虐殺や拷問を受けています。皆さんの座席に置かれたパンフレットはアムネスティ・インターナショナルのものです。この団体は一万人以上もの政治犯の釈放に成功し、現在拷問を止めさせるキャンペーンを展開しています。皆さんがこの運動の為に少しでも時間をさいて下されば、拷問に終止符を打てるかも知れません。軍隊がある限り拷問はなくならないでしょうが、拷問を攻撃することで軍隊を攻撃することが出来ます。私と一緒にアムネスティ・インターナショナルの活動に参加しましょう!」            

 コンサートの後、「僕もこの活動に参加するぞ!」と勇んで帰路に着いたものの、明日こそ、明日こそで30年が過ぎてしまいました。

 そして数年前、もうぬれ落ち葉寸前のこの歳になって、やっと宿題のノートを開くことができました。僕の背中を押してくれたのはジョーン・バエズのこの言葉です。

 「人はどう死ぬか、いつ死ぬかを選択できない。どう生きるかだけは決められる。さあ、決めるのです。
 

この原稿をもらい、あらためてYouTubeでジョーンバエズを聴きました。Joan Baez, Diamonds and Rust - Live, 1975など。聞き惚れますね。中には彼女がサラエボで歌っている映像もありました。現在までずっと反戦運動に関っているのでしょうか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »