« UAペルー、フジモリ裁判の人権弁護士に死の脅迫 | トップページ | バレンタインのチョコにひそむ児童労働と人身売買 »

小谷の連合奈良ピース・フェスティバル2007参加報告

日本労働組合総連合会奈良県連合会(連合奈良)主催のピース・フェスティバルに12月2日にアムネスティ奈良グループ2名で参加してきました。

フリーマーケットゾーンでアムネスティグッズの販売と労働組合アクションリーフレットやメッセージパンフレット配布しました。

 当日はステージで琉球舞踊やカントリー・フォーク、懐かしのエレキサウンンドなどのパフォーマンスがあり、各労働組合がおでん・ドーナツ・うどん・スープ・やきいも・やきとりなどの店をだしていました。

「ふきのとう」「NPO法人あぐり」「障害者就労ネットワーク」などNPO・NGOも参加されていました。

 私自身もなぜこの寒いとさにピース・フェスティバル?と思っていたのですが、12月8日の太平洋戦争開戦の日を忘れないために、その前後に世界の平和と貧困撲滅に向けたアピール行動として開催されています。

当日は平和をテーマに募集されていた絵画・川柳の展示や戦争関係のVTR上映や、戦争と平和をテーマにした小中学生を対象としたOXゲームも企画されていました。同じ間違いをくり返さないために、大切な企画だと考えます。 

私は平和や人権のためにNGOやNPOと労働組合が力を合わせるのは重要なことだと考えています。当日はアムネスティの労働組合アクション70部程度配布できました。

ピース・フェスティバルに参加させていただいた連合奈良のみなさま本当にありがとうございました。

アムネスティの奈良での知名度アップのために、色々なところへ積極的に出掛けていきたいなあと思っています。私が執行委員している小さな地域労働組合の12月10日の大会でもメッセージパンフレットと労働組合アクションリーフレットを配布しました。

アムネスティの世界人権宣言の実現というメッセージが多くの人達に屈きますように。

|

« UAペルー、フジモリ裁判の人権弁護士に死の脅迫 | トップページ | バレンタインのチョコにひそむ児童労働と人身売買 »

イベント (amnesty以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217562/17902092

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷の連合奈良ピース・フェスティバル2007参加報告:

« UAペルー、フジモリ裁判の人権弁護士に死の脅迫 | トップページ | バレンタインのチョコにひそむ児童労働と人身売買 »