« バレンタインのチョコにひそむ児童労働と人身売買 | トップページ | MOTTAINAIのあのひとにUA »

修二会の夜の例会

3月1日夕方の例会に行く。久しぶりにみんなと会えた。

今日はまず、スイスイさんが昨年録画したビデオを見る。米国で遺留品のDNA鑑定などによって、124人、2ヶ月に1件の割合で死刑囚が実は無実であることがわかったという。

イノセントプロジェクトの統計によれば、冤罪の過半数が目撃証言の間違いによるもの。ヒッチコックの「間違えられた男」のようなケースで、警察に見せられると、この中に犯人が居ると勘違いしてしまうものらしい。

2割は自白の強要によるもの。取調べ2日の米国でさえ!日本は23日間まで。司法当局には重罪に厳然とのぞまねばならないというプレッシャーがあるからだという。

その後はいつものようにはがき書き。

そして最後に、四月に東京である総会の各提案に茶々を入れながら読む。写真はそのとき、ドナドナさんがケータイで撮ったもの。080301_191201_4

みんなまじめな顔。080301_191001_6 080301_191101_6 080301_192001_5  

帰り、女性センターのある東向き通商店会があめ湯のふるまいをしていたので、修二会のお松明を見に行った観光客にまぎれていただく。あったまるなあ。スイスイさんは、「はじめて飲んだ。関西だけ?」

|

« バレンタインのチョコにひそむ児童労働と人身売買 | トップページ | MOTTAINAIのあのひとにUA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バレンタインのチョコにひそむ児童労働と人身売買 | トップページ | MOTTAINAIのあのひとにUA »