« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

アムネスティと(良心的)兵役拒否

このblogの‘こんなリンクあんなリンク’にあるkirakiraに、「第9回平和に関する市民勉強会」の議事録が更新されました。http://www4.kcn.ne.jp/~tm-hama/benkyoukai/9thgijiroku.pdfこの39日に、アムネスティ奈良グループの小谷さんが「兵役拒否」について講演したセミナーの議事録です。

ここで、漱石が、徴兵制が当時なかった北海道へ養子に行った形にして、兵役を逃れたことを知りました。そして♪Say yes to the Peaceを聴いてみたいと思いました。議事録の最後にあった、地元の小学生たちが卒業式で歌うという歌です。

その小谷さんが書いた記事です。

アムネスティと(良心的)兵役拒否 (文:小谷)

1.現代の世界の良心的兵役拒否の状況

(シンガポール)

2006年、少なくとも8人の良心的兵役拒否者が投獄され、12人が刑に服していた。全員が非合法化された宗教組織エホバの証人の信者である。良心的兵役拒否者に代替役務を与えるような動きはない。

(大韓民国)

兵役拒否者の大半はエホバの証人の信者である。少なくとも936人が、兵役を拒んだとして2005年と2006年に有罪となって収監されている。4月、国防部は兵役に代わる非軍事分野での代替役務の設置を検討する調査会設置を発表した。

(エリトリア)

兵役を回避する人々が増え、数千人の徴集兵たちが脱走したため、当局は厳しい措置を定めた。警察による捜査と一斉検挙が行われ、子供の兵役回避と脱走に関わった容疑で教百人の親たちが拘禁された。その中には無期限に拘禁されるおそれのある人々もいる。この親たちは、行方不明の徴集兵の出頭と引き換えに多額の保証金を支払わなければ釈放されない。

(アメリカ)

キャサリン・ジャシンスキ陸軍州技兵は、良心的理由でアフガニスタンに勤務することを拒否して、5月に禁固120日の判決を受けた後、1か月服役した。ケビン・ベンダーマン米国陸軍軍曹は良心に基づいてイラクヘの派遣を拒否して、禁固15か月を宣言され、12か国服役した後、8月に釈放された。年末の時点で、戦争に反対してイラクヘの派遣を拒否した外の兵士数人が起訴される恐れがある。

(イスラエル)

占領地をイスラエルが占領することに反対し、兵役を拒否したイスラエル人男女数人が最長4か月間投獄された。彼らは良心の囚人である。

(アルメニア共和国)

アルメニアは、欧州評議会に加盟した際に請け負った、思想、良心、信条の自由を尊重するという義務と公約を無視し、また2004年7月の法律で兵役に替わる民間役務を導入したにもかかわらず、良心的兵役拒否者を釈放しなかった。アルメニアの兵役代替役務は法制面でも実質面でも軍の監督と管理化にあり、よって真の民間役務とは性質を異にしていると、良心的兵役拒否者たちは申し立てを続けた。(後略)

(ギリシャ)

兵役に関する法律により恩恵が受けられる良心的兵役拒否者の多数が、民間代替役務期間が懲罰的に長いことに抗議して申請書の再提出を拒んだ。(中略)10月、アテネ軍事控訴院は、兵役拒否でギオルゴス・モナスティリオティスに言い渡されていた40か月の禁固刑を3年間の執行猶予付き24か月に減刑した。モナスティリオティスは、所属部隊のイラク出征への動向を拒否したために有罪判決を受けていた。

(フィンランド共和国)

民間代替役務の期間は依然として懲罰的かつ差別的な者である。良心的兵役拒否者は、通常の兵役拒否より215日も長い395日の民間代替役務を課せられている。10月、労働省作業部会は、民間代替役務の短縮と、戦時や外の緊急時における良心的拒否の申請を提案した。 アムネスティは、投獄されている良心的兵役拒否者11人を良心の囚人だと考えた。大多数は民間代替役務を拒否して197目の刑に服している。『アムネスティ・レポート 世界の人権2007』(現代人文社)より

2.兵役拒否の種類

兵役忌避…クリントン元大統領、ヒットラー、ムッソリーニ、チャップリン、夏目漱石

脱走兵…ブッシュ大統領、ジェンキンスさん、べ平連の脱走兵援助(20名程度)

(良心的)兵役拒否…モハメッド・アリ(元ボクシング世界チャンピオン)

3.(良心的)兵役拒否の歴史

近代的な徴兵制度は、フランス革命から。同時に徴兵反対一揆(ヴェンテ戦争)

(1)主にキリスト教徒の福音派(メノサイト、アーミッシュ、クェーカー、エホバの証人)

(2)絶対的平和主義の思想から(バートランド・ラッセル、ガンディー、トルストイ、M..キング、ロマン・ロランらの思想の影響を受けた人達)

(3)個人の良心尊重(イギリスのブルームズベリー・グルーズの兵役拒否)

(4)政治的理由(フランスのサルトルのジャンソン機関-アルジェリア戦争反対)

.アムネスティと良心的兵役拒否

「アムネスティは、すべての人は良心あるいは個人的な深遠な確信に基づいて、法的あるいは事実上の刑罰を受けることなく、兵役を拒否する権利を有することを確信しています。そして、このような良心的兵役拒否の権利を行使したために投獄された人を良心の囚人とします。ただし、内容や期間が刑罰的、差別的ではない軍務以外の代替業務を拒否したため投獄された人は良心の囚人とみなしません。また、良心的兵役拒否者は、徴兵前、徴兵後を問わずいつでも良心的兵役拒否の権利を認められるべきであり、その権利は、戦時を含めていずれのときも制限されるべきではないと主張します。」

5.徴兵制度がない日本でアムネスティ会員として良心的兵役拒否者にできること

①(良心的)兵役拒否について知ること

② 世界で(良心的)兵役拒否をしている人達を、ハガキを書く等支援すること

200839日橿原で行われた「第9回平和に関する市民勉強会」で『(良心的)兵役拒否』について話をさせていただきました。今後も呼んでいただけたら、日本全国『(良心的)兵役拒否』について話をしにいくつもりです。

| | コメント (5)

UAチベットより15人の僧侶の写真

アムネスティ・ボランティア日記にチベット人のために手紙を書こう(日本語)2008年18日国際事務局発信UA、が更新されています。

UA対象者の15人の仏教僧の写真をご覧ください。12 March 2008, TCHRD Press

(日付)       ,2008

胡錦濤 主席 收

I respectfully call on the authorities to release the 15 monks; Samten, Trulku Tenpa Rigsang, Gelek Pel, Lobsang, Lobsang Thukjey, Tsultrim Palden, Lobsher, Phurden, Thupdon, Lobsang Ngodup, Lodoe, Thupwang, Pema Garwang, Tsegyam, and Soepa, as well as all others detained for peacefully exercising their right to freedom of expression, association and assembly.

I believe that you are required to fully account for all those detained during the demonstrations, ensuring they are not tortured or otherwise ill-treated, have access to lawyers and medical care, are brought promptly before an independent court and are able to challenge their detention.

I would like to call on the authorities to ensure that those prosecuted are charged with internationally recognizable offences and tried in proceedings which meet international fair trial standards.

The authorities must allow full and unimpeded access toTibet and other Tibetan areas to journalists and other independent observers.

Lastly I urge the authorities to allow independent UN investigation into the events of the last week, including full access to scenes of confrontation, eye-witnesses, and detainees, and allow similar access to independent observers, including journalists and human rights NGOs.

Sincerely yours,

(署名)

宛先

中華人民共和国国家主席
中国
 100016
北京市 国家主席
胡錦濤 主席 收

チベット自治区人民政府主席
中国
 850000
拉薩市 康昂東路1
西藏自治区人民政府
向巴平措 主席 收

中華人民共和国公安相
中国
 100741
北京市 東長安街14
公安部
孟建柱 部長 收

コピーの宛先

チベット自治区ラサ市長
中国 850000

西藏自治区 
拉薩市人民政府
多吉次珠 市長 收

駐日中国大使
106-0046 東京都港区元麻布3-4-33

 中国大使館

特命全権大使 崔天凱 閣下

CC:特命全権大使 崔天凱 閣下
info@china-embassy.or.jp

| | コメント (0)

UA チベットの声が消されようとしている

何が起こったのか。

アムネスティ日本によると、政治的キャンペーンとして、ダライ・ラマの非難を書くよう強制された僧侶らが、首都ラサで先週月曜日平和的なデモ行進をはじめたことから始まった。

それが一般市民の騒乱に発展したのは、経済発展の利益から排除されている、宗教活動が制限され、チベット文化や民族的アイデンティティが消されていく、という長期にわたる不満が背景にあったからだ、という。

今日我が家にもチベット緊急アクションの郵便が届きました。Photo

アムネスティ日本、チベット人の人権と権利の尊重を!に賛同してくださる方は、メールで外務省HPより、はがきで中国政府宛でアクションしてください。

奈良グループは、2000年秋の拷問禁止キャンペーンに参加し、ケルサン・ペモ尼の講演会をもちました。彼女は、暴力を用いないで、ただ、ダライ・ラマ万歳、と言った為に2ヶ月拘禁され、釈放後1年間寝たきりになるほどの拷問を受けました。(ハンソンさんとチベット問題を聞こう)当時彼女が特別の例だったわけではないようです。それゆえ、今度の被拘束者のことが心配されます。

| | コメント (0)

MOTTAINAIのあのひとにUA

花鉢にかわいい花が咲いている。名前を教えてください。20071220haru_001

きょう久々に、ハンナグループの、‘さのの’さんのブログ「アムネスティボランティア日記」を見たら、20万ヒット間近とか。が一方、あの「もったいない運動」で有名なマータイさんにUAがでているという。アクセスして、賛同してくださるならば、2/23マータイさんに死の脅迫がの項よりメールでアクションしてください。

ケニア大統領宛pps@statehousekenya.go.ke 文面例

Your Excellency

I express concern that Prof. Wanghari Maathai received death threats on 19 February.

I call on the authorities to investigate these threats and to bring those responcible to justice.

I urge the authorities to protect her and other human rights defenders.

Respectfully Yours,

(署名)

| | コメント (0)

修二会の夜の例会

3月1日夕方の例会に行く。久しぶりにみんなと会えた。

今日はまず、スイスイさんが昨年録画したビデオを見る。米国で遺留品のDNA鑑定などによって、124人、2ヶ月に1件の割合で死刑囚が実は無実であることがわかったという。

イノセントプロジェクトの統計によれば、冤罪の過半数が目撃証言の間違いによるもの。ヒッチコックの「間違えられた男」のようなケースで、警察に見せられると、この中に犯人が居ると勘違いしてしまうものらしい。

2割は自白の強要によるもの。取調べ2日の米国でさえ!日本は23日間まで。司法当局には重罪に厳然とのぞまねばならないというプレッシャーがあるからだという。

その後はいつものようにはがき書き。

そして最後に、四月に東京である総会の各提案に茶々を入れながら読む。写真はそのとき、ドナドナさんがケータイで撮ったもの。080301_191201_4

みんなまじめな顔。080301_191001_6 080301_191101_6 080301_192001_5  

帰り、女性センターのある東向き通商店会があめ湯のふるまいをしていたので、修二会のお松明を見に行った観光客にまぎれていただく。あったまるなあ。スイスイさんは、「はじめて飲んだ。関西だけ?」

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »