« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

5月3日署名の後に例会と10日高の原フリーマーケットのお知らせ

5月例会は、3日(土)が祝日のため13時半から、東向き通、奈良県女性センター2F談話室で。

北京オリンピックキャンペーン「尊重人権」の署名(10時から13時)を女性センターのとなりで呼びかけた後ひらきます。

今年は、興福寺南円堂の藤、三条通のハナミズキ並木がもう満開です。その前で署名活動する聖公会奈良キリスト教会は、平戸つつじの見事なこと。奈良公園の楓など若葉も美しいです。ラッキーなら、群れに守られた仔ジカや鹿の角のついた帽子をかぶせた犬!を連れて散歩する人も見られます。

ぜひ奈良にいらして、署名してください。署名は氏名のみです。国として、公人として言えば角が立つと思って中国に言えないひとにかわってメッセージを届けたいと思います。

春の高の原フリーマーケットは5月10日(土)10時から13時まで高の原近商噴水前広場。雨天中止。

昨年は、ほぼスイスイさん一家主催の活動資金集めでしたので、今年はよろしく。

| | コメント (0)

人権セミナーアンケートの感想

人権セミナー「死刑廃止を考える~被害者感情と、どう向き合うか」報告(小谷勝彦)

1060664_mg_2アムネスティ奈良グループで2008年4月20日に吉田智弥さんにおはなしをしていただきました。8月末まで奈良県立大学の講師として人権論、死刑についても学生に話をされていた吉田さんのお話は、わかりやすく勉強になり、時間が足りなかったです。

参加者にいただいたアンケートより、本日の人権セミナーの感想を紹介します。

・非常に勉強になった、

・久しぶりに吉田さんの話が聞けて良かった。

・あらためて、死刑はアカンと認識しました。

・理屈としては納得できるが、被害者としての当事者になればその時の感情を整理できる自信はない。

・実際の犯罪被害者の方の声みたいなものが聞けたらもっと心で理解できるものがあったかと思います。初めのビデオが良かったです。

・「死刑」について、遠い存在なものとして今まで深く考えたことはなかった。このセミナーに参加することによって、考えてみようと少し自覚しはじめた。

・犯罪者(殺人者)は生まれた時はイノセンスで、社会、国家が生んだと考える。何とかみんなで生きる方向を、という吉田さんの考え方を伺って、すっと受け入れられほっこりとした気持ちになりました。

・死刑について積極的な反対はしません。長年の間に私の中にきづかれた価値観です。しかし今日の話を聞いて、死刑廃止のことは知っていましたが、「死刑」とは何かを考えるべきだと思いました。今、殺人事件は毎日のようにあり、抑止力になっていない。かえって「死刑」がちがった風に使われているのではないか。(自殺に似た?自暴自棄?

1060685_img

当日は奈良新聞と奈良日日新聞の取材がありました。死刑がベルトコンベアー式に行われ、日常の当たり前の景色にならないように、アムネスティ奈良グループではこれからも死刑について考える機会を作りたいと考えています。おはなしをしていただいた吉田智弥さん本当にありがとうございました。 

| | コメント (0)

北京オリンピックキャンペーン(人権の金メダルを)~メッセージと署名集めて中国大使館に送ろう

アムネスティ奈良グループは5月3日(土)10時~13時東向き商店街にある奈良キリスト教会(親愛幼稚園)前で旗にスタンプを押してもらう署名集めをする予定です。 Photo_2

(趣旨)オリンピック招致に成功したとき、中国当局は、オリンピックが人権の発展のために良い機会になり、中国は人権により注意を払うと公言しました。

しかし、オリンピック開催日が近づくにつれて、その公約はかすれつつあります。

北京オリンピックで何を遺せるのか (OLYMPIC LEGACY)

競技の記録やメダルだけでなく、人権への公約が果たされたとき、北京オリンピックは最高の思い出として私たちの記憶に残るでしょう。

(アムネスティ日本のサイトへhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1498

| | コメント (0)

死刑廃止を考える~被害者感情とどう向き合うか~

(社)アムネスティ・インターナショナル日本 奈良グループ主催人権セミナー

(日時) 2008年4月20日(日) 14時~16時半 (開場13時半)

(講師) 吉田智弥さん(自治研センター理事)

(会場) 奈良県女性センター3F講座室1アクセスマップ近鉄奈良駅下車3分

(参加費) ¥500 高校生以下無料

裁判員制度が始まります。裁判員に選ばれたら、死刑を選択できるでしょうか。逆に選択しないことができるでしょうか。また、死刑についてどんなことを知っているでしょうか。大学の人権論で死刑について講義されていた吉田さんのお話を聞きながら死刑について考えましょう。

| | コメント (0)

中国への手紙を書く~UA人権活動家逮捕、妻も乳児と自宅拘禁下

今月も例会で中国宛のはがきを書いた。チベット、ウィグル、そしてこのケースといい、オリンピックを前にしての目障りな言動はかえって迫害の対象となるらしい。このケースとは先週木曜日、朝日新聞夕刊にも載っていた胡佳さんのケース。賛同してくださる方は、はがきを送ってください。クリックし、再度クリックすると読めます。

003_2

「your_excellency.doc」をダウンロード

AIRMAILはがきには70円分の切手を貼ってください。

宛先

(首相)

中国100017 北京市西城区府右街2

国務院

温家宝 総理 收

(司法相)

中国100020 北京市朝陽区朝陽門南大街10

司法部

呉愛英 部長 收

(公安相)

中国100741

北京市東長安街14

公安部

孟建柱 部長 收 

| | コメント (0)

四月例会の日、桜

010 005 002

5日の四月例会の日、桜が満開になりました。その夜は見に行けず、女性センター裏の興福寺三重塔、翌日の写真です。例会では北京オリンピックキャンペーンの話などしました。アムネスティ日本のサイトへhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1480

そのあとミスタードーナツに場所を移して総会の話。グループ会員が、社員登録するかしないかの選択をする、個人会員は社員となり一票の投票権を与えられるようになる一方、グループとしての発言力は弱まる。グループは別に年会費を払うのにね。またグループとしての会員の交流や啓発、イベントなどの結集という利点があるのにね。ネットや多忙という時代の流れであるとはわかる。公益法人を目指す ためというのはいい。など意見が出ました。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »