« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

奈良グループ主催人権セミナー「外国人労働者と人権」

つぎの日曜に奈良グループのイベントがあります。

奈良は海外からの観光客には慣れているのですが、10年前に西大和カトリックセンターにいくと日系人がいっぱいいてびっくりしました。こんなにたくさんの外国人が働きに来ているとは知りませんでした。

有名になった派遣業者の問題もそこで初めて知りました。 当時斑鳩町議の山本さんは、彼らだけでは相手にされないので、入管についていったり業者と交渉したりしておられました。

今後の課題としては、お役所に通訳がいないこと、子供の教育の問題、出身国に正しい情報提供の窓口がないこと、今困っている外国人の手助けをするところを挙げられていました。10年たって状況はどうなっているでしょうか。

日時:2008年6月29日午後2時~4時(午後1時半開場)

場所:奈良県女性センターアクセスマップ(近鉄奈良駅徒歩3分)

講師:山本直子さん(外国人労働者奈良保証人バンク事務局長)

参加費:¥500(18才以下無料)

外国人労働者奈良保証人バンクは、1992年、西大和カトリックセンターで外国人の生活支援を目的に結成されました。 百数十人の会員がいて、在日外国人のビザ取得や更新時の保証人、住居の保証人に無償でなっています。会員個人名で保証人になりますが、リスクは全員で負担します。また在留資格や婚姻・離婚等のあらゆる生活相談に対応しています。

| | コメント (0)

チベット人1157人が釈放

アムネスティ日本のサイトを見たら、中国 チベット人1157人が釈放と載っていた。よい知らせを歓迎し、さらに116名の拘禁者についての当局発表を待つという(6/23付)。きっとラサに聖火が入ったことと関係があるのだろう。

| | コメント (1)

死刑執行の即時停止を求める

鳩山法相が朝日新聞で「死に神」と書かれたことに憤慨しているそうです。私も人に対して「死に神」という表現を使うことは良くないと思います。ただ、鳩山氏が大臣になってから従来に比べて大変早いペースで執行が行われています。今回の執行で13人の死刑が執行されました。

法務大臣は、死刑を執行するに当たっては、死刑囚の記録を丹念に精査し、万に一つも誤りがないことを期さなければいけないのですが、この短期間に多忙な大臣が本当に記録に十分目を通したのか疑問を感じます。どうしても「乱数表を使って自動的に死刑を執行」という大臣の発言が思い出されます。朝日新聞もこうしたことから「死に神」を連想したのではないでしょうか。

死刑は、殺人などの凶悪犯罪を抑止するのではなくて逆に増加させるという研究があります。これは、死刑の残忍化の理論と呼ばれています。死刑の残虐さが人の凶暴性を誘発するというのです。今年に入って、死刑願望を動機と供述する無差別殺人が目に付きます。度重なる死刑執行と無関係でしょうか?

昨年末、国連総会は、死刑を存置するすべての国に対して死刑廃止を前提にして死刑執行を停止することを求める決議を採択しました。先日ジュネーブで開かれた国連人権理事会でも、わが国は多くの国々からこの国連決議の遵守を求められたと言います。

日本政府は、死刑を存続させる根拠として国民世論の支持をあげています。2004年に内閣府が行った世論調査では、81.4%の人が死刑存置に賛成したということです。

しかし、この調査の設問を見ると「どんな場合でも死刑は廃止すべきである」と「場合によっては死刑はやむを得ない」という二つの選択肢しかありません。設問の表現自体がかなり意図的な誘導と感じないでしょうか。

ちなみにアムネスティが試しに「あなたは『死刑』をどう思われますか?」という問いで「あった方がよい」「ないほうがよい」「終身刑があればなくてもよい」という三つの選択肢を設けて街頭で聞いたところ「あった方がよい」が182人、「ないほうがよい」が109人、「終身刑があればなくてもよい」が194人との結果でした。

来年から裁判員制度が始まります。この制度では、有罪無罪だけでなく私たちは量刑の判断も求められます。私たちは、死刑の選択をしなければいけないのです。

死刑は、残虐でありそれ自体が新たな殺人に他なりません。切断刑などの身体刑が非人道的であるのと同様に、いやそれ以上に非人道的な刑罰です。人類は、もはやこうした刑罰と決別すべき時なのです。

(T・H)

| | コメント (1)

6月例会とバングラディシュでボランティア!

6月7日の例会のはがき書きは、中国へが2件、と死刑廃止の要請が1件。そして署名が2件。

diamond要請は、4月に失踪した青海省のチベット系中国人のジャムヤン・チー(加羊吉)さんの釈放。彼女はミュージシャンで女性問題の作家である。

3月のチベット騒乱に続く何千人もの予防的逮捕の犠牲者の一人で、拷問や虐待の恐れがある。詳しくはhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1620

diamondもう1件は、天安門の母たち。けさ朝日新聞の朝刊で読んだ方もあるだろう。

19年前の天安門事件の犠牲者の母が始めた平和的人権活動を妨害しないよう、また事件について公に議論できるよう要請。

いまだ中国では、教科書、マスメディア、ネット等で事件の記述を消し続けているという。詳しくはhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1497

diamondアムネスティは自国については個々のケースを扱わないルールがあって、一般的な死刑廃止の要請を首相と死刑の強力なサポーターである法相に書く。(詳しくはこのblogのリンク「アムネスティにかかわる用語と解説」より、11ページの自国条項をご覧ください。)

clubほかに、人身売買被害者保護対策を国会に請願するための署名http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1660(米国国務省の日本に関するレポートもあります)

clubアメリカの、Jerry Yang Yahoo!会長あてに、中国の言論弾圧に加担しないよう署名。http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1493(このblog6月6日の記事関連)

smile奈良グループで企画の、6月、7月、9月の各イベントについて話し合い。みなさん、ご参加ください。

happy01ネパール通信のkiuiさんが今度は、バングラディシュで来週からボランティアする!?また便りが楽しみ。kiuiさん元気でね。

| | コメント (1)

UA E-mail 中国(モンゴル人権活動家)

EメールでアピールできるUAがあります。賛同くださるかたはメールでアクションしてください。

中国(内モンゴル自治区)出身で、1997年にモンゴルの市民権を取った人権活動家が、北京の入管で逮捕され現在所在不明です。病気であり、拷問と虐待の恐れがあります。

1981年彼は学生運動のリーダーで、地元に相談なく内モンゴル自治区に60万の漢民族の移住が計画された事に抗議しました。出国後に「民族浄化と文化的虐殺」だとして中国の民族政策を批判する発言をしました。当局は彼に分離独立主義者のレッテルを貼り、中国共産党統治を転覆させようとしていると主張しています。

詳しくはアムネスティ日本のHPへhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1675

宛先(appeals to

Director of the Beijing Public Security Bureau

MA Zhenchuan Juzhang (Email: wbjc@sohu.com )

Director of the Beijing Municipal Justice Bureau

WU Yuhua Juzhang (Email: webmaster@bjsf.gov.cn )

期限 715

(文例)

Dear Director,

I call on the Chinese authorities to reveal the whereabouts of Jaranbayar Soyolt, who was detained at Beijing Capital International Airport on 6 January.

I urge the authorities to release him immediately, or to charge him with a recognizably criminal offence and ensure he is tried promptly in proceedings which meet international fair trial standards.

I seek assurances that he is treated humanely in detention, and not tortured or ill-treated.

I call on the authorities to give him immediate and regular access to his family, a lawyer of his choice, and any medical treatment he may require.

Respectfully yours,

(署名signature)                              

| | コメント (0)

中国のインターネット検閲とYahoo!

アムネスティインターナショナル日本のWEBアクションが更新されました。http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1493

2004年のことでした。ジャーナリストで詩人の師濤(Shi Tao)さんは、Yahoo!のメールアカウントを使って米国に電子メールを送りました。内容は、中国共産党内部指令文書(天安門事件記念日の期間中に報道が扇動して社会不安を引き起こさないよう警告)に関するものでした。

Yahoo!は、アリババ(中国の情報関連企業)と提携してインターネット検閲に協力しています。中国政府の要請によってYahoo!は、師濤さんを通報しました。

2005年、海外に国家機密を不法に提供したとして師濤さんは有罪となり10年の刑に服しています。

Yahoo!に対しては、世界人権宣言を擁護し、表現の自由とプライバシーの権利が守られ尊重されるよう会社として取り組むことを公約してくださいと要請してください。

中国政府に対しては、師濤さんは「良心の囚人」で、師濤さんや同様の理由で投獄されている人びとを即時無条件に釈放してくださいと要請してください。

| | コメント (0)

UA E-mail イラン

EメールでアピールできるUAがあります。賛同くださるかたはメールでアクションしてください。

イランで、5名のキリスト教に改宗が、逮捕拘禁され、拷問・虐待のおそれがあります。詳しくは、アムネスティ日本のHPhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=1661

宛先(appeals to

Leader of the Islamic Republic
His Excellency Ayatollah Sayed
Ali Khamenei Email: info@leader.ir

Head of the Judiciary
FAO Ayatollah Shahroudi Email: info@dadgostary-tehran.ir

アピールの期限は711日まで

文例

Your Excellency,

I express concern that Mojtaba Hussein, Mahmoud Matin, Arash and two others appear to have been detained solely on account of their religious beliefs, in which case they would be prisoners of conscience.

I call on the authorities to release them immediately and unconditionally, or charge them promptly with recognizably criminal offences and give them a fair trial.

I ask for the reasons behind their arrests, the charges retained and where they are held.

I urge the authorities to ensure that they are not being tortured or otherwise ill-treated, and all five have access to legal assistance of their own choosing, their families and any medical treatment they may require.

I remind the authorities that freedom of religious belief is guaranteed by the Iranian Constitution, and by Article 18 of the International Covenant on Civil and Political Rights.

Respectfully Yours,

(署名signature)                           


| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »