« UA(緊急行動) イスラエル、パレスチナ占領区(期限11月26日) | トップページ | 宮里邦雄講演会「ディーセントワークへの挑戦」をきいて(小谷) »

ウェブ・アクション・メキシコ

マキラドーラ、多国籍企業が進出するメキシコの経済特区。政府にとって多国籍企業の誘致は大切なことである。
そのマキラドーラ地域、米国国境のエルパソ近くのファレス市とその南300キロにあるチワワ市では、この15年に400人の女性が殺害された。
誘拐され、殺害までに辱め・拷問・性暴力をうけ、遺棄された被害者の多くは、マキラドーラへ通勤通学する貧困層の女性たちである。彼女たちは夜道は危ないとわかっていても暗がりを歩くしかなかった。
ところが地元当局は、犯罪を予防する対策を含め、容疑者捜査への取り組みを怠り、加害者たちは未だに裁判にもかけられていない。
その根底には、女性への暴力の蔓延と貧困者への差別意識があると考えられる。

現在東京から公開がはじまった(関西は11月大阪、京都、神戸上映)ジェニファー・ロペス、ファネス出演、グレゴリー・ナヴァ監督、映画「ボーダータウン報道されない殺人者」(公式サイトhttp://www.bordertown.jp/)はこの現実を元に作られた。

賛同くださる方は、是非、メキシコ大統領宛に、二度とこのような女性たちの殺害事件が起こらないようにすることを、メールで要請してください。
アムネスティ日本HP「 ウェブ・アクション・メキシコ―ファレス」はこちら⇒http://www.amnesty.or.jp/modules/bmsurvey/public/survey.php?name=webaction02_Mexico

|

« UA(緊急行動) イスラエル、パレスチナ占領区(期限11月26日) | トップページ | 宮里邦雄講演会「ディーセントワークへの挑戦」をきいて(小谷) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UA(緊急行動) イスラエル、パレスチナ占領区(期限11月26日) | トップページ | 宮里邦雄講演会「ディーセントワークへの挑戦」をきいて(小谷) »