« U2みたいな人、いないでしょうか、日本には | トップページ | 忙しくてうれしかった高の原フリマ »

TAXI TO THE DARKSIDE

12月例会で、奈良グループ主催で2009年春に上映しようかという話がでた。
2008年第80回アカデミー賞で、アレックス・ギブニーの「タクシー・トゥ・ザ・ダーク・サイド」は、マイケル・ムーアの「シッコ」と争い、オスカー長編ドキュメンタリー賞受賞(Best Documentary Feature)。
http://www.oscar.com/nominees/?pn=detail&nominee=Taxi%20to%20the%20Dark%20Side%20-%20Documentary%20Feature%20Nominee

今回アムネスティ日本支部が版権をとって日本語字幕をつけた。まだAmazonでも英語版DVDが出ているだけ。

テレビでは「米国‘闇’へ」としてNHKで(55分)今年の正月深夜にも放送されている。(オリジナルは106分)
http://www.nhk.or.jp/democracy/yotei/index.html#yotei01
ブッシュの「テロとの戦い」では、容疑者の自白を引き出すために、本当に拷問がしかも組織的に行なわれていたのか?という内容。
見た方はいかがでしたか。

|

« U2みたいな人、いないでしょうか、日本には | トップページ | 忙しくてうれしかった高の原フリマ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

昨日、試写用のDVDみました。ものすごくしっかりとしたドキュメンタリー映画でした。

投稿: アンパンマン | 2008年12月15日 (月) 19時27分

 アカデミー賞でマイケル・ムーア監督の『シッコ』を破ったドキュメンタリー映画作品だったとは知りませんでした。

投稿: 小谷 | 2008年12月11日 (木) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« U2みたいな人、いないでしょうか、日本には | トップページ | 忙しくてうれしかった高の原フリマ »