« UA 中国(ウイグル)拷問と虐待の恐れ(期限1月16日) | トップページ | TAXI TO THE DARKSIDE »

U2みたいな人、いないでしょうか、日本には

珍しく日曜の12月例会。東向き通りは混雑して、遅れた私はすり抜けていく。柿の葉すし本舗たなか、の手提げ袋を持っている若い人が多い。大仏マラソンが終わったらしい。

まずCampaign for Equality、UA(緊急行動)ライティングマラソンのはがき書き。世界人権宣言の日にちなんだもので、書いた枚数がUAセンターを通じてロンドンの国際事務局で集計される。
(カンボジア)プノンペンの都市開発に伴う住民の強制退去反対。
(コンゴ)女性の人権NGOのコーディネーターの家族が国軍に襲撃され暴行されたが、男たちは逮捕もされず逆に脅迫していることに抗議。
(イラン)「男女平等運動」活動家の起訴の取り下げと女性差別撤廃を。

つぎにお金の話。コールトゥアクションへの8桁という多額のお金の投入。韓国で成功したという。
¥12,000という一般会費の高さと、グループ分担金¥10,000のことを思うと・・・それにアジアで国際分担金を拠出しているのは日本だけとか。
会員数で上回る韓国始め、台湾ほかにも負担してほしい。
事務所のある東京や大阪ではそこを活動拠点にできるが、地方はイベントをする時グループが大切。グループは会費+グループ分担金。
何をするにもお金がかかる。大切な活動を支えている。経費削減にスタッフは努力している。
余計にコールトゥアクションと国際分担金のことを思う。
バザーでもイベントでもゆとりがなくなってきて人が集まりにくくなって、資金集めがしんどい。
U2みたいな人、いないでしょうか、日本には。

最後に高の原フリマ、新年会、アカデミー長編ドキュメンタリー賞をうけた映画の上映のことなど。会費が未だなひとは、セミナーの講師をさせて強制的に徴収しよう、という案も。外に出るととても寒くて、もうジャケットではきつい。

|

« UA 中国(ウイグル)拷問と虐待の恐れ(期限1月16日) | トップページ | TAXI TO THE DARKSIDE »

UA」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UA 中国(ウイグル)拷問と虐待の恐れ(期限1月16日) | トップページ | TAXI TO THE DARKSIDE »