« “The United States Will NotTorture”オバマさんの大統領令 | トップページ | ガザ調査団のレポートと安保理議長国、日本の役割 »

派遣切り:外国人を支援 8団体実行委設立、31日と来月7日に説明会 (小谷)

昨年奈良グループの人権セミナーでお話をしていただいた外国人労働者奈良保証人バンク事務局長の山本直子さんの活動が毎日新聞に載っていました。
説明会まで日数がありませんが紹介します。

1月31日(土)午後6時半大和郡山市の市民交流館

2月7日(土)午後6時半橿原市の県社会福祉総合センター

ポルトガル語・スペイン語・中国語の通訳者が同席予定

『県内でも昨年末から派遣切りなどで在日外国人が失業する例が相次いでいることから、県内の8市民団体が今月、「外国人離職者緊急支援を求める実行委員会」を発足させた。31日と来月7日に県職員らによる説明会を実施、失業した外国人らの雇用保険受給や住まい、子どもの教育などについて通訳を準備し相談を受け付ける。(中略)実行委は県内の外国人支援団体などで構成されている。各団体は今年に入ってから外国人の失業相談が急増している。山本直子代表は「まずは失業対策のためどんな制度があるか、情報提供から始めたい」と話している。』(『毎日新聞』2009年1月29日奈良版より)

離職した外国人のかたは一人で悩まず相談してみてください。知り合いに離職した外国人労働者がいる場合にはこういう取組みが奈良でもあるということを、声をかけてみてください。困ったときこそ助け合いましょう。

2月8日追記

昨日の外国人労働者離職者説明会には約40人のかたが相談にこられてました。(小谷)

毎月第二日曜日西大和カトリックセンターで相談会http://holyring.jp/ir/nishi_yamato/

|

« “The United States Will NotTorture”オバマさんの大統領令 | トップページ | ガザ調査団のレポートと安保理議長国、日本の役割 »

イベント (amnesty以外)」カテゴリの記事

コメント

「保険や住居 相談続々外国人離職者 支援に説明会」
『(大和郡山)非正規労働者の雇い止めや中途解雇が深刻化する中、言葉の壁などで情報を得づらい外国人労働者をサポートする「外国人離職者支援緊急説明会」が31日、大和郡山市の市民交流館であった。県内の自動車部品メーカーの工場で雇い止めにあった日系ブラジル人の非正規労働者らが詰めかけた
県内の市民団体でつくる実行委員会が主催。県と奈良労働局の職員が雇用保険や住宅支援制度などについて説明した。奈良労働局の職員は「雇用保険や住宅支援制度などについて説明した。奈良労働局の職員は「雇用保険に入っていたか必ず確認し、離職票を発行してほしいと企業に求めてハローワークに来てください」と説明。ポルトガル語やスペイン語で通訳した。(中略)実行委員会の山本直子代表は「日本人が嫌がる仕事をしてきた皆さんが真っ先に切り捨てられるのが悔しい。緊急にできる支援を伝えたい」と話した。」
(2009年2月1日 『毎日新聞』奈良県版)

投稿: 小谷 | 2009年2月 8日 (日) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “The United States Will NotTorture”オバマさんの大統領令 | トップページ | ガザ調査団のレポートと安保理議長国、日本の役割 »