« 苦いチョコレート、人身売買・児童労働・強制労働 | トップページ | UA中国 : 高智晟弁護士が拘禁され拷問・虐待を受けるおそれ(期限3月23日) »

「タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド」奈良上映会

「テロとの戦い」の闇に切り込む、ドキュメンタリー

「ブッシュ政権は合衆国の憲法を書き換えたい。でも不可能だから、解釈をねじ曲げた。“戦時下にあっては、政府は何でもできる”と」L.ウィルカーソン パウエル元国務長官の首席補佐官

2008年第80回米国アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞作品。NHKで55分の短縮版米国「闇へ」が放映されました。しかし完全版日本語字幕上映は今年が初めてです。

米国/2007年/106分/製作・脚本・監督アレックス・ギブニー/共同制作エヴァ・オーナー、スザンヌ・シップマン

主催 (社)アムネスティ・インターナショナル日本 奈良グループ

とき 2008年3月22日(日)13時半開場、14時~16時

ところ 奈良県男女共同参画センター視聴覚室

(JR奈良駅西口下車徒歩3分)*ホテル日航奈良が入っているビルの2階にあります。

参加料 ¥500(18歳以下無料)

奈良グループの皆様へ。終映後の片付けのあと、4月の日本支部総会の議案について検討する例会を開く予定です。

Taxi  to the dark Side 予告編

|

« 苦いチョコレート、人身売買・児童労働・強制労働 | トップページ | UA中国 : 高智晟弁護士が拘禁され拷問・虐待を受けるおそれ(期限3月23日) »

イベント」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。拷問のない世界を目指してアムネスティの運動を広げていきましょう。

投稿: 小谷 | 2009年3月23日 (月) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 苦いチョコレート、人身売買・児童労働・強制労働 | トップページ | UA中国 : 高智晟弁護士が拘禁され拷問・虐待を受けるおそれ(期限3月23日) »