« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

「タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド」奈良上映会アンケートの結果

・最低限のモラルや人間性に欠ける人達が権力構造に関わる時、この映画のような正視出来ないことが発生する。
かつては日本でも経験したことでもあるが将来二度とこの過ちを繰り返さないようにしなければならない。

・今まであまり関心がなく耳慣れない言葉がたくさんでてきました。いつの時代でも「人権を守る」ということは不変だと思います。
身近な所から大きな世界まで考えていかなくてはならない問題だと思います。

・アメリカ政府いやアメリカのむちゃくちゃに失望しました。
ひどい拷問は許されるべきではないでしょう。オバマ新政権に働きかけて民主的なアメリカを取り戻すよう我々もできることをしていく必要性を感じました。

Img_0758_5_1_2

・良い企画と思います。
偶然奈良にもこうしたグループがある事を知りました。
今後の活動に期待すると同時にホームページにアクセスしてみたいと思います。お疲れ様でした。

・奈良まで足を運んできたかいがありました。
見る必要のある映画の上映会を開催して下さりありがとうございました。
又、アピールについても配慮下さりありがとうございました。

・このような方法で自白を引き出したとしてもその情報の正確さが疑われるとも思う。

・つらい状況の続く映画で非常に疲れた。
アメリカですらこんな拷問が行われてしまうことを知ると情報が表に出てこない国々でどうなっているか恐ろしい気持ちになる。

・大変しんどい映画でしたがわかりやすくまとめられていましたのでありがたいです。
しかし細部まで完全に理解出来たとは言いがたいですが。
巨大な不条理な状況。それを促進する人。責任を回避する人。責任を他に押しつけて平気な人。絶望的な状況。どうしたら打開することができるだろうか。

・グアンタナモ、アブグレイブと名前は聞いていて何となくは想像してはいたものの、これほど根拠のない拘束と拷問虐待がおこなわれていたとは…。
他のかたにも伝えます。

Img_0756_3_1

・司会の人がうまかった。

・NHKと家と今回で3回見てようやく頭に入りました。
犯罪者の親玉のブッシュ・チェイニー・ラムズフェルトの3人がおとがめなしでのうのうとくらしているのが何とも腹立たしい。
戦争でふところを肥やすのは誰か考えるともっと腹立たしい。

・悪名高いアブグレイブ刑務所で続いた重大な人権侵害はアメリカの報復行為に他ならない。
目には目を、歯には歯をの暴力は平和への道とはとうていほど遠く暴力の連鎖を招くことになるだろう。

・権力者はふざけている。
戦争を反省しない国は人権にもどんかんというつくづくそう思う。
新しい言葉をつくり出して法から逃れるところ日本の解釈改憲そっくりですね。

・アメリカは情報公開進んでいて、このような映画が作られ、アカデミー賞受賞しているのはアメリカを評価すべき。

Photo

・証言を重ねるのではなくストーリー性あったほうがいいのでは?日本語吹き替え版のほうが見やすい。

・日本も志布市事件で踏み絵を踏ませるとうにたようなことをしているので気をつけないといけない。

・こうした拷問を許したものは彼らは悪い人間だ、そして自分のしていることは正義なのだと思い多数の支持がある組織の命令に従っていると思い考えたのでしょう。
しかしこの映画で扱われたことはアメリカの話だで済ますことはできるでしょうか。
少なくとも日本の警察の取り調べでも長時間立たせるということが行われているとの声を聞きます。
刑務所の中の様子も分からないことが多いです。
それと死刑の問題、死刑が認められるのも彼らは悪い人間だ、死刑は正義だ、多数が支持している制度に則っているというものです。

| | コメント (0)

「タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド」奈良上映会終えて(小谷)

3月22日奈良で「タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド」の上映会を行いました。
東京事務所に申し込んだ時点では「今のところ申込は東京の他は奈良グループだけ」と聞いていたので映画を見に関西各地から来ていただけるかなと思っていたのですが、冬の間休んでいたら全国各地で映画上映会が企画されていました。
一人でも多くのかたに映画のメッセージが伝わりますように。
私はこの映画を合計4回見ました。
一人で3回試写したときは落ち込んでかなり暗くなっていたのですが、今回の映画上映会のあと電車のなかでアンケートを読んで元気をいただきました。
メッセージは伝わっていたので。
あらゆる拷問のない世界を目指して、アムネスティの運動を広げていきましょう。Img_0759_10_1
「タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド」3月22日奈良上映会のアンケートの結果を報告します。

| | コメント (0)

上映本番

http://amnesty-jpn45g.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-e48e.html

きょうは雨の予報がでていて、三連休だったので、出足が鈍るのではないかと心配いていた。次回は、前もってグループメンバーに連絡してイベント日だと思い出してもらおう。UAはがきも準備しておこう。

来た方が持っていた冊子で、きょうはじめて大阪事務所に東ヨーロッパ調整グループがあることを知った。それと死刑廃止ニュースで奈良グループメンバーの記事を読んだ。

終了後、新入りの方と共に、例会。(社)アムネスティ・インターナショナル日本規約に社員ができるそうで、自分はどうなるのだろうと思った。いずれにせよ、早く寄付控除のきく団体になって、会費が安くなってほしい。アムネスティは死刑廃止をいっているから無理なのか?チャリティ団体でないからか?

3月29日追記

新入り希望の方は、死刑に対する意見の違いから、奈良グループに入会されませんでした。

| | コメント (0)

冤罪で拘禁されたメフィア先住民人権活動家その後

2009年3月18日国際事務局発信アムネスティニュースに、昨年11月21日にこのブログでも取り上げたhttp://amnesty-jpn45g.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/ua1226-78b9.htmlUA314/08メキシコのその後がのっていました。http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=625

(冤罪の良心の囚人である)殺人事件の実行犯とされたうちの4人の告訴が取り下げられた。さらに一人の人権活動家の釈放を求める。というものです。

その妻とインタビュアーのコメント付き囚人たちの映像もリンクされています

続きを読む "冤罪で拘禁されたメフィア先住民人権活動家その後"

| | コメント (0)

アースデイ奈良2009に出店します

主催 アースデイ奈良2009実行委員会

開催日時 2009年4月19日(日)10時~16時

開催場所 奈良県庁前奈良公園(登大路園地) *アースデイ奈良は雨天決行、奈良グループは雨天の場合出店を取りやめます。

アースディ奈良2009にアムネスティ奈良グループもAHURA  JAPANと協力して出店します。(雨天中止)
奈良グループはアムネスティの絵はがきやカード、一筆箋、人権パスポート等を販売し世界人権宣言が実現する社会を目的とするアムネスティの活動に使います。
当日は40店以上の出店と、ステージでの演奏等が予定されています。短時間でもお立ち寄りいただけたら幸いです。入場無料。マイカップ、マイ箸、マイバッグ
をお持ちください

「アースデイ(地球の日・4月22日)は、

続きを読む "アースデイ奈良2009に出店します"

| | コメント (2)

235,000人―アフガニスタン国内避難民数(国連発表)

このブログの「リンク」コーナーに、You Tube -Amnesty Internationalがあるのにお気付きですか?

そこの新しい動画(英語字幕)の日本語字幕版を見ました。アフガニスタン:凍える天気の人道危機http://www.youtube.com/watch?v=DGeMHc-rPao&eurl=http://gaialog.jp/amnesty/staffblog/perm/306

何千何万の家族が、住んでいたところから逃げて、国内の避難民キャンプで暮らしているそうです。9割は干ばつで、1割は戦禍で。タイトルはその数字です。意外にも、組織による援助がないことを訴えています。

| | コメント (0)

チベット・アクション ラサ蜂起50周年の3月10日を前に

はがきを中国政府に送ろう!http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2256

Tibet_7

はがきの内容

中国 100016
北京市 国家主席
胡錦濤 主席 收

           2009年3月 日

拝啓、胡錦濤 主席殿

チベットで現在も続いている危機的状況について深く憂慮しています。
官製新聞のラサ・イブニング・ニューズによれば、1 月18 日に首都ラサで「厳打統一点検キャンペーン」が開始されました。
このキャンペーンにより、居住地域やアパート、ホテル、ゲストハウス、インターネットカフェ、バーへの「強制捜査」が実施され、1 月24 日までに、警察は容疑者81 人を拘束し、そのうちの2 人は「携帯電話内に反動的な意見や歌を有していた」という容疑であったとのことです。
それゆえ私は、自らの権利を平和的に行使しただけで拘禁されたすべての人びとを速やかに釈放するよう貴政府に要請します。
また、ジャーナリストが障害なく現地に入り取材が出来るようにすべきです。そして、貴国当局が緊急に対応すべき課題は、殺害、負傷、行方不明になっているすべての人々の名前、所在、彼らに対する容疑について詳細を明らかにすることです。
                        敬具

(あなたの署名)

(注)ラサ蜂起50周年を控えた「厳打統一点検キャンペーン」の「強制捜査」で、現在も拘束された人びとの氏名や居場所がわからず、拘禁中に、拷問や虐待をされている可能性が高 い。

「ラサ蜂起」とは、

続きを読む "チベット・アクション ラサ蜂起50周年の3月10日を前に"

| | コメント (0)

今年はイベント相次ぐ予定

政府に死刑をやめるよう総理と法相宛。中国にここでもとりあげた高智晟(Gao Zhisheng)さんのUA。

3月7日の例会で、4月19日県庁前の奈良公園のアースデーに参加しようということになりました。

5月9日は高の原フリマの予定。

また6月30日から7月5日男女共同参画週間にある奈良県女性センターの催しにパネルを展示しようということでになりました。イラクの女性の写真などです。

この日、リングさんが登場。2月にネパールにあるブータン難民のキャンプにいってきたばかりです。その近況を伺いました。奈良グループが担当していた元良心の囚人のラタンガズメルさんが、ネパールのキャンプからオーストラリアに移住しました。ネパール系を中心とするブータン難民は、国連はじめ、国際社会の関心が薄く、20年近く難民キャンプでの生活を余儀なくされ、母国ブータンへの帰郷をあきらめる人が大多数を占めてきたそうです。その報告会とDVD上映をしようという計画となりました。

4月の総会の議案の検討ができなかったので、22日の上映会のあと例会を持つことになりました。

| | コメント (0)

「アムネスティ入門セミナー」に参加しませんか?

  4月から「アムネスティ入門セミナー」を会員有志でおこなうと聞いたので、どのような内容に「入門セミナー」がなってるか興味があって2月28日に開催された大阪事務所のアムネスティ入門セミナーに参加しました。事務所が中津にあった頃、まだ会員になる前に参加した記憶あるのでひさしぶりでした。
  まず最初に自己紹介を各自したあと、アムネスティの紹介のビデオを見て、入門セミナーの資料を見ながら簡単な説明があって、質問・フリートークで終りです。
 関西にあるグループやチームの簡単な紹介の資料も配付されていました。この日は私も含めて6名の参加があり、活発な質問もありました。
 事務所の受付のボランティアをするのを希望の人もいて、やはり入門セミナーは大切です。
  大阪事務所では毎月、「アムネスティ入門セミナー」の他にも「難民入門セミナー」「死刑廃止を考える入門セミナー」が開催されています。
 ご関心があれば、どんどんご参加ください。私も「難民入門セミナー」をまだ受けてないので、今年中に参加するつもりです。(小谷)

大阪事務所 06-4395-1313  大阪市港区築港2-8-24 piaNPO 509

Osaka_office_map_2

| | コメント (0)

UAニュース2月号、UA日本 即時死刑執行の恐れ(期限4月10日)

きょうから3月です。きのうアムネスティ日本のUAニュースが(なぜか)2月号に更新されました。http://www.amnesty.or.jp:80/modules/wfsection/article.php?articleid=2190UA

内容は、世界人権デーのライティングマラソン報告。写真はパリ大学で「人権の壁」にメッセージを書き込む人。そして2008年の収計。350件のUAがあり1万7千人がアクションの対象者となった。うち20%改善、13%残念な結果、67%継続中。最後にカンボジアの無実の囚人の保釈の報告とお礼が掲載されている。

UA54/09日本 死刑の恐れ http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2261&sel_lang=english

対象者は5人、昭和27年から58年生まれの男性。平成15年~20年の間に殺人で有罪となった。

続きを読む "UAニュース2月号、UA日本 即時死刑執行の恐れ(期限4月10日)"

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »