« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

大統領選挙デモ参加者の安全を懸念してUAイランがでました 

テレビのニュースで、「外国のメディア(スパイ)に扇動されてデモに参加した」というイラン国営放送の映像が流れていた。

日本が太平洋戦争の時代、政権または戦争に批判的な人たち、外国人やハーフの人々をいわれなく「スパイ」扱いし投獄したと聞いている。

ジンバブエの人権活動家ジャンニ・ウィリアムズさんは語る。「ジンパブエ人がもし人権侵害についてあえて話そうとすれば、その人たちは外国の工作員であると起訴されるコミュニティで暮らしています。」
http://amnesty-jpn45g.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-4d21.html

イランがそのようなことを語り始めたことにとても不安を感じます。

アムネスティ日本 UAイランはこちら→ http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2467

国際事務局 UAはこちら→ Call on the Iranian authorities to protect the right of demonstrators http://www.amnesty.org/en/appeals-for-action/call-on-the-Iranian-authorities-to-protect-the-right-of-demonstrators

ハメネイ師宛Ayatollah Sayed ‘Ali Khamene E-メール: info_leader@leader.iri

件名 Subject:  Iran election unrest

文面

Your Excellency

I am writing to express my deep concern at the violent crackdowns on protesters carried out by the police and security forces, including the volunteer Basij militia, in the days following the presidential elections.
Peaceful assembly is expressly permitted under the International Covenant on Civil and Political Rights to which Iran is a state party and is also guaranteed by the Constitution of Iran. Those exercising their right to peaceful assembly should not be subjected to arbitrary arrest and harassment, the use of excessive force, censorship and armed attacks.
I therefore call on the Iranian authorities to:
・allow all individuals and groups to peacefully exercise their rights to freedom of expression, association and assembly, including when criticizing the Iranian authorities.
・ensure that security forces exercise restraint in the policing of any further demonstrations in connection with the election result, and that firearms are not used except as a last resort where strictly unavoidable in order to protect life.
・immediately and unconditionally release anyone detained solely for their peaceful expression of their views regarding the outcome of the election anyone so detained is a prisoner of conscience.

Yours sincerely,
あなたの署名

| | コメント (0)

UAニュース5月号とイラン

アムネスティUAニュースによいニュースが満載。送りっぱなしで手ごたえがないんですがこういうのを読むとうれしいです。http://www.amnesty.or.jp/uploads/mydownloads/UAnews_may_2009.pdf

イランの(男女)平等キャンペーンの女性たちが対象のUAは奈良グループでもとりあげました。http://amnesty-jpn45g.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/ua-e-200958-32a.html

そのイランで女性が夫の資産を相続できるようになったそうです。平等相続ではないがイスラム法によってたつ法律に風穴をあけるもののようです。今伝えられる大統領選挙開票後の衝突によって、今後、勇気ある女性たちへの風当たりがさらに強まるかもしれないのが心配です。

| | コメント (1)

UA メキシコ 安全の懸念/殺害の脅迫(期限2009年7月23日)

UA 148/09 http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2441

対象者 Rommel Cain Chacan PaleとMatilde Perez Romero, Monitor Civil de Policiaの弁護士  (ゲレロ州モンターニャ地方の市民の警察見張り番) ほか105人のゲレロ州の人権活動家たち

「ゲレロ州モンターニャ地方の市民の警察見張り番」の弁護士であるロンメルさんとミランダさんは、4月30日事務所で司法警察の代表2人と面談中、公衆電話から脅迫の電話があり、ロンメルさんのほうはさらに6月5日にも殺害の脅迫電話があった。
彼らは夥しい数の警察とここで活動する軍に対する告訴事件を扱っている。

ゲレロ州の人権活動家、先住民のための活動家多数にとって、米州人権裁判所の命令にもかかわらず、攻撃の危険性が高い状況が続く。
今年はじめにも2人の活動家が誘拐され拷問され殺害された。他の人々も脅しや嫌がらせや容疑が疑わしい不公正な裁判に苦しんでいる。

メキシコの内務大臣宛にE-メールで、上記の人権活動家の保護を要請して下さい。

内務大臣宛(件名)FAO Lic. Juan Camilo Mourino Terrazo
Lic. Juan Camilo Mourino Terrazo
Secretaria de Gobernacion
E-mail: secretario@segob.gob.mx

要請文例
Senor Secretario
I express concern for Rommel Cain Chacan Pale, Matilde Perez Romero and  other 105 human rights activists in Guerrero State
I call on the authorities to ensure that Rommel Cain Chacan Pale and Matilde Perez Romero receive adequate protection measures, in accordance with their wishes, and to order a prompt, impartial and thorough investigation into the death threat received by Rommel Cain Chacan Pale on 5 June and bring those responsible to justice.
I also call on the authorities to implement without delay appropriate and comprehensive protection measures for human rights activists in the Montana region of Guerrero state, in accordance with their wishes and according to the requests of the Inter American Court for Human Rights.
The UN Declaration on Human Rights Defenders recognizes the legitimacy of the activities of human rights defenders and their right to carry out their activities without obstacles or fear of reprisals.
Respectfully yours,
(あなたの署名)

内容は、
ロンメルとミランダと他の105人のゲレロ州人権活動家が心配です
当局は、ロンメルとミランダが自分たちの希望にあうような適切な保護措置を受けられるよう保障してください。そして6月5日にロンメルが殺害の脅迫について迅速で中立で徹底的な捜査をして、責任者を裁判にかけてください。
ゲレロ州モンターニャ地方の人権活動家に、手遅れにならないうちに、適切で包括的な保護措置を彼らの希望にそうようまた米州人権裁判所の要求にしたがって、講じてください。
「国連人権擁護家に関する宣言」は、人権擁護活動家の活動の正当性を、また彼らが妨害や報復の恐れなく活動していく権利を認めています。

| | コメント (0)

UA 139/09 イスラエルとパレスチナ占領地(期限2009年7月19日)

家屋破壊/強制立退き/水の供給http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2428

E-メールアクションです。ご協力をお願いします。

対象者 Ras al-Ahmar村と Hadidiya村の村民280人以上(パレスチナ西岸、ヨルダン渓谷の小さな村)

6月4日、イスラエル軍はRas al-Ahmar村で、18件の家屋と収入源の家畜の小屋を破壊し、遠方から水を運んでくるトレイラー、トラクターと貯水するタンクを押収した。炎暑の季節をしのぐ家や水資源を多くの子供たちが奪われた。近くの井戸はイスラエルの入植者しか使えない。
Hadidiya村でも5軒に家屋の破壊と強制立ち退きが迫っていて、別の12軒は裁判で争っているが勝つ見込みはほとんどない。
中には、幾度も破壊にあって家を建て直してきた人もいるが、更なる移住が予想されている。イスラエル軍は、広くヨルダン渓谷のパレスチナ人を村から追い出して、大部分が‘closed military area’(立ち入り禁止の軍事地域?)とされたか約36人のイスラエル入植者に引き継がれた。
水が無い、移動の自由が無い、生活の糧が無い(家畜の押収による)しかも、パレスチナ人には建築許可が出ず家の再建もむずかしくなり、ここで生きていけなくなくなってきている。

イスラエル占領地域で、パレスチナの家屋破壊と立ち退きの強制は国際法に違反している。国際法は占領当局に占領地域への自国民の植民を禁じている。

要請例文
Dear Minister(国防相宛の場合)または、Dear Judge Advocate General(軍法務局長宛の場合)
I express my concern about the villagers of Ras al-Ahmar and Hadidiya in the West Bank.
I condemn the demolition of the homes and animal pens, and the confiscation of the villagers’water tank and tractor in Ras al-Ahmar.
I urge that all pending demolition and eviction orders against Palestinians in Hadidiya and nearby areas be immediately rescinded.
I call on the authorities to place a moratorium on house demolitions and forced evictions in the West Bank until the law is amended to bring it into line with international standards.
I call for the restrictions imposed on the Palestinian villagers in the Jordan Valley to be lifted, in particular for them to have access to water, electricity and other essential services, and for them to be allowed to move freely within the Jordan Valley, and between there and the rest of the West Bank.
I call for responsibility for planning and building regulations in the Jordan Valley and elsewhere in the Occupied Palestinian Territories to be removed from the Israeli military authorities and placed solely with the local Palestinian communities.
Sincerely yours,
(あなたの署名)

国防相宛(件名)FAO Minister of Defence Ehud Barak
Minister of Defence
Email: minister@mod.gov.il

軍法務局長宛(件名)FAO Brigadier General Avihai Mandelblit
Brigadier General Avihai Mandelblit
Military Judge Advocate General
Email: arbel@mail.idf.il, avimn@.idf.gov.il

内容は、
Ras al-Ahmar村と Hadidiya村の村民が心配です。
Ras al-Ahmar村の家屋と家畜小屋の破壊を、そして村の貯水タンクとトラクターの押収を非難します。
休止中の家屋破壊とHadidiya村と近隣の村のパレスチナ人に対する強制立ち退きを取り消してください。
当局は、国際基準に合致するように法律が改正されるまで、西岸の家屋破壊と強制立ち退きを猶予して下さい。
ヨルダン渓谷のパレスチナ人に課す規制をやめ、特に彼らに水、電気などの重要なサービスが供給されるよう、ヨルダン渓谷の中や村と西岸の間を自由に移動できるようにしてください。
ヨルダン渓谷や他のパレスチナの占領地のどこででも設計建築規制の責任をイスラエル軍当局から現地のパレスチナ人共同体に移管してください。

| | コメント (0)

UA136/09 イラン 差し迫った処刑の恐れ(期限2009年7月10日)

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2421&sel_lang=japanese

AI INDEX:MDE13/051/2009      
対象者:メフディ・マズルーイMehdi Mazroui 24歳

17歳の時けんか(fight)をして、うち一人が亡くなった。弁護士によると、殴打・腕の骨折・肩の脱臼・つめはがしという拷問の後、彼は自白をした。
裁判で「同害報復刑」(=死刑)が確定し、処刑前の手順として5月29日独房に移された。

イランは「自由権規約」ICCPR、「子供の権利条約」CRCの締約国である。
これらの国際法では、18歳未満の時の犯罪で死刑を科してはならない、とされている。
またイランは、殺人で有罪判決を受けたものには恩赦・減刑を求める権利が無い。
これは自由権規約第6条第4項に違反している。
イランでは昨年8人、今年は今までに2人の未成年時犯罪で死刑が執行されている。

イランイスラム共和国の司法長官と最高指導者あてのE-メールアクションにご協力ください

司法長官宛 (件名欄には「FAO Ayatollah Shahroudi」と書いてください)
eメール: shahroudi@dadgostary-tehran.ir

イラン・イスラム共和国最高指導者宛  (件名欄には「FAO Ayatollah Sayed‘Ali Khamenei」と書いてください)
eメール: info_leader@leader.ir

要請文
Your Excellency
I am writing to express my great concern at reports that Mehdi Mazroui may be at imminent risk of execution for a crime he allegedly committed when he was under 18.
I would like to call for re-trial of the case in proceedings meeting international standards for fair trial and in line with the Convention of the Rights of the Child, to which Iran is a state party.
I also would like to urge you to commute his death sentence.
Iran is a state party to the International Covenant on Civil and Political Rights (ICCPR) and the Convention on the Rights of the Child (CRC), which prohibit the use of the death penalty against people convicted of crimes committed when they were under 18.
Thank you for your prompt attention to the above.
Sincerely yours,
あなたの署名

内容は
メフディ・マズルーイが18歳未満で犯したとされる犯罪で処刑される危険が差し迫っているとの報告に重大な懸念を表明します。
公正な裁判の国際基準を満たす手続にのっとって、またイランも締約国である子どもの権利条約に従って、この件を再審理するよう要請します。
また彼の死刑判決を減刑するよう求めます。
イランは自由権規約(ICCPR)と子どもの権利条約(CRC)の締約国で、これらの条約は、18歳未満の時の犯罪に対して死刑の適用を禁止しています。

| | コメント (0)

UA 128/09 ロシア連邦 拷問/不公正な裁判(期限2009年6月29日)

http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2406&sel_lang=english賛同くださる方は6月29日までにはがきを書いてください。エアメールは¥70です

対象者 人権弁護士 Aleksei Sokolov

要請例文
(日付)    June,2009
Dear Prosecutor General,検事総長殿(またはDear Prosecutor,地方検事殿)
I am writing to express concern about Aleksei Sokolov.
I call on the authorities to ensure that Aleksei Sokolov is not tortured or otherwise ill-treated.
I urge them to release him immediately unless he is promptly charged with a recognizably criminal offence, and given a prompt and fair trial.
I also urge them to demonstrate respect for the lawful work of human rights defenders, and to ensure they are free to pursue their lawful activities without fear of repercussions.
Sincerely Yours,
(あなたの署名)

内容は、アレクセイソコロフが拷問や虐待を受けないように。すみやかに、明らかな犯罪で起訴され公正な裁判にかけられない限り、直ちに釈放してください。人権弁護士の合法的仕事に敬意を払い、彼らが、反響を恐れずに自由に自分の法定活動をできるように、当局に要請します。

宛先
ロシア連邦検事総長宛
Prosecutor General of the Russian Federation
Yurii Ya. Chaika
Ul Bolshaia Dmitrovka 15a
Moscow GSP-3
125993, Russian Federation

Sverdlovsk地方検事宛
Prosecutor of the Sverdlovsk Region
Yurii A. Ponomarev
Ul. Moskovskaia 21
Yekaterinburg
GSP 1036
Sverdlovsk Region
620219, Russian Federation

数年前からアムネスティと共同キャンペーンをしてきたPravovaia Osnova代表の人権弁護士アレクセイ・ソコロフは、5月13日、子供と自宅アパートを出たところで強盗の共犯容疑で逮捕された。
子供を連れに来いとインターホンで言われて、妻が表に走り出たとき、警察は彼を車で連れ去るところだった。
拘禁中彼は、拷問をほのめかされて脅されたことや、自白させるためにプレッシャーをかけようとするかもしれないことを弁護士に伝えている。

彼は、夥しい数の、拘禁中の拷問と虐待、拘置中の警察暴力と死亡事件を扱っていた。
彼の配給した映画が取り上げた留置所が閉鎖になった。
彼によって、警官や刑務官が拷問による自白の強制で起訴されたり、拘禁中の死亡事件で刑務官が越権行為で起訴されたりした。

そのために、記者会見場で卵を投げつけられたことや、欧州人権法廷のために準備したものを、家宅捜索で押収されたこともあった。
妻がアムネスティに語ったところによると、彼はこれまでにもたびたび脅しをうけて、仕事をやめろと警告されていたという。

| | コメント (0)

ローズアクション大阪

2009年6月3日(水)天安門事件20年ということでアムネスティ日本は、東京と大阪でローズ・アクションに取り組みました。私は大阪に参加しました。(小谷)

Rose_action_in_osakaPhoto

朝8時 に中国領事館そばの地下鉄阿波座駅付近で、通行する人達にバラの花とチラシを配りました。
その後、中国領事館の前に赤いバラと白いバラの花束を献花し、アムネスティのメッセージと署名をポストに投函しました。
午後続いて梅田のJR大阪駅と阪神大阪駅の間の交差点でチラシを配布しました。(写真左)
赤信号が青になるまでの間に「民主化活動家の〇〇さんは今カナダにいるらしいな」と声かけられたり、「天安門事件に賛成反対どっちや」とか「もう20年たつのか」とか「あの写真みたことある」とか通行していた人と対話できて良かったと思います。

夜7時からは中国領事館そばの靭(うつぼ)公園で追悼・抗議集会に参加しました。
天安門事件の説明、黙とう、献花などが行われました。
参加者が一言ずつ思いを語る時間がありました。私も奈良でのアクションの様子と、天安門事件が同時代の同世代の人達の事件であり、中国政府によって戦車にひかれたり20年間投獄されている人達の話は他人事ではない、今後も忘れずに取り組みたいという話をしました。

参加されたみなさま、本当にお疲れ様でした。

**************************

管理人です。2009_001朝日新聞2009年6月4日朝刊より。この6月4日で、天安門事件から20年でした。

その追悼抗議活動をローズアクションというのは、犠牲者の追悼を象徴する「6本の赤いバラと4本の白いバラ」にちなんだものです。日本支部声明はhttp://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=664

東京の追悼抗議集会の様子はアムネスティ日本事務局ブログhttp://ameblo.jp/amnesty/entry-10273966989.html

| | コメント (2)

「県内NPOの活動紹介、展示コーナー」に出展してます(6・21まで)

昨年に引き続き今年も奈良NPOセンター主催で奈良県文化会館情報室で県内NPOの活動紹介展示コーナーが開催されています。

Photo

アムネスティ奈良グループは昨年のった新聞記事を中心に展示し、グループ通信・商品カタログ・チラシを置いています。
期間は5月26日(火)~6月21日(日)の間、全部で19団体が展示に参加しています。
お近くにお立ち寄りの際は奈良県文化会館の県内NPOの活動紹介、展示コーナーにお立ち寄りください。

| | コメント (2)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »