« イラクの女性、ウガンダの女性 | トップページ | 7・27原田正治さんアムネスティ大阪事務所へ »

西日本入国管理センターへ。面会できずに残念でした。(小谷)

はじめて2009年7月2日、大阪府茨木市郡山にある「西日本入国管理センター」に難民申請者の面会にいきました。
JR茨木駅・阪急茨木市駅から「郡」バス提下車(徒歩10分)、少年院の隣にあります。Photo

面会案内に「面会を希望される方は、外国人登録書又は旅券その他身分を証明する文書を提示して下さい。外国人登録をしている方は、外国人登録証明書が必要です。提示できない方は面会できません。」という決まりがあり、証明書を忘れた私は難民申請中のかたと面会できませんでした。

面会を希望する人は「面会・物品授与許可申出書」に記入して面会窓口に申出書と証明書を一緒に提出すると、準備のできた人から呼ばれて面会室にいくみたいです。
難民申請者の面会に遠くから来られるかたも多いと思います。
面会時間が30分以内とか決まりがあるのですがもう少し気楽に面会できるようになればいいと思いました。今回は面会できずに残念でした。

|

« イラクの女性、ウガンダの女性 | トップページ | 7・27原田正治さんアムネスティ大阪事務所へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「入国管理収容施設」(入国管理センター 法務省入国監理局が、さまざまな理由により退去強制の対象となった外国人の身柄を拘束する施設。難民申請者ですら、不法滞在者として犯罪者のように拘禁する対応や、期限の見えない長期収容がまかりとおる現状が問題となっている。
実例
・言語や文化の違う収容者が、不自由な環境で多数同居することによるストレスとトラブル
・外部から届く手紙の検閲
・仮放免にあたって要求される多額の釈放金による、生活の圧迫
・医療ケアの欠如
『難民問題入門セミナー』のテキストより

投稿: 小谷 | 2009年7月10日 (金) 03時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イラクの女性、ウガンダの女性 | トップページ | 7・27原田正治さんアムネスティ大阪事務所へ »