« UA 233/09 イラン 学者の拘禁(期限2009年10月14日) | トップページ | 9・26アムネスティ奈良グループ人権セミナー~なぜ凶悪犯罪事件の被告人の弁護をするのか~ »

「アムネスティ大阪事務所閉鎖に反対する理由」(小谷)

私の場合、大阪事務所(当時は大阪事務所には職員が二人いました)での入門セミナー→ボランティア→個人会員→奈良グループ会員→奈良グループ運営担当という流れでアムネスティと関わってきています。
東京の一部の人達が非効率を理由に大阪事務所閉鎖を主張しています。たしかに昔に比べれば関西のアムネスティの運動は停滞していると思います。(関西だけでなく日本全体でアムネスティの運動は停滞しています。)大阪事務所を閉鎖するのではなく、もっと有効な利用の仕方できるように議論していったほうが有意義ではないでしょうか。大阪事務所を閉鎖したら私のようなルートでの会員を閉ざすことになります。さらに縮小の道を歩むことになります。
ほかにもアムネスティの東京への一極集中反対とか、アムネスティの地方分権も反対理由の一つです。むしろ東京事務所を閉鎖して北海道や沖縄へ移したほうがいいのではないでしょうか。
私は以上のような理由で大阪事務所閉鎖に反対します。

|

« UA 233/09 イラン 学者の拘禁(期限2009年10月14日) | トップページ | 9・26アムネスティ奈良グループ人権セミナー~なぜ凶悪犯罪事件の被告人の弁護をするのか~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ナーランダ様
コメントありがとうございます。手元に資料ないのですが、財政的な理由でどうしても閉めなくてはいけないという話ではなかったと思います。

投稿: 小谷 | 2009年9月10日 (木) 21時31分

こんばんは
大阪事務所のことは議事録の断片的な情報しか持っていないので断定的なことは言えませんが、効率より財政的な問題の方が大きいのではないでしょうか?

投稿: ナーランダ | 2009年9月10日 (木) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UA 233/09 イラン 学者の拘禁(期限2009年10月14日) | トップページ | 9・26アムネスティ奈良グループ人権セミナー~なぜ凶悪犯罪事件の被告人の弁護をするのか~ »