« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

北朝鮮帰国者との交流集会に参加して(小谷)

2009年10月25日(日)エル大阪であった「北朝鮮帰国者との交流集会~北朝鮮で何があったのか、語ります~」(同実行委員会主催)に参加しました。

帰国者のキム・ソジャさん(59歳)、帰国者2世のリ・ハナさん(20代後半)の話を聞くことができました。

キム・ソジャさんは広島に生まれて11歳のときに北朝鮮に家族で帰国したそうです。
彼女の「北朝鮮は融通と賄賂社会だから、むこうに親戚のいない帰国者は日本からの仕送りがないと餓死する可能性高い」という話が印象に残りました。
リ・ハナさんは両親が日本からの帰国事業で北朝鮮に渡って北朝鮮で生まれた2世です。
中国に脱北し日本に入国。
彼女は中国では無国籍で不安定だったので、「日本で在留資格をもらって何かあれば外国人登録証を出せるのが大変うれしい」と話されていたのが印象に残りました。
二人は最後に脱北した帰国者のために、公的な日本語教育が必要ではないか、と話されてました。
現在は民間のボランティア組織が脱北した日本人の日本語教育を支援しているそうですが、増えてきたら限界があるだろうということです。
北朝鮮に帰国した在日の人が約9万3千人で、現在脱北して日本に帰国した人達が約200人東京や大阪で暮らしているそうです。
今後増えることが予想されます。

私は自分に何ができるか考えながら聞いていたのですが、機会あるごとに北朝鮮の収容所の問題など人権侵害に関して厳しく抗議すると同時に、日本国内では脱北した帰国者・日本人妻や家族の人達と共存する社会を作っていかないといけないと思いました。

続きを読む "北朝鮮帰国者との交流集会に参加して(小谷)"

| | コメント (1)

「関西から難民制度改革の早期実現へ向けて」

2009年10月17日(土)アムネスティ大阪難民チームのミーティングにいきました。(小谷)
毎月あるのですが、3ヶ月ぶりでした。
ミーティングでは、
難民制度改革のための勉強会をし、
アムネスティ大阪難民チーム担当の難民申請者の個別支援についての話し合いをし、
11月と1月の大阪難民入門セミナー担当者、来年の役員やスケジュールについても話し合いました。
 
11月の難民入門セミナーのお知らせ
難民って誰のこと?日本に難民がいるの?など、「難民問題」にはじめてふれる方のために、 わかりやすく説明します。

日時:11月8日(日)午後2時~3時
場所;pia NPO 509 アムネスティ大阪事務所(地下鉄中央線「大阪港」駅徒歩5分)
担当:アムネスティ難民チームメンバー
参加費(資料費込):300円
申し込み先: 
refugee-osaka@amnesty.or.jp

関西には難民の支援団体が5つあります。
互いに協力しあったり、役割分担しています。
11月18日(日)「難民制度の改革を広げる関西の会」(連絡先はRAFIQとアムネスティ大阪難民チーム)3名で関西の国会議員に「難民制度の抜本的改革の早期実施について」という要望書や資料を渡して説明と意見交換をしてきました。
関西でも早期の難民制度改革の実現にむけて取り組んています。

| | コメント (1)

人間らしく生きたい シェル社宛にオンラインアクションを

2009年10月12日付朝日新聞の経済面に“国連グローバルコンパクト(世界への約束)”の記事がのっていました。10の原則の遵守実践が求められており、たとえば、「自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである。」「環境に関するより大きな責任を率先して引き受け、」など

ロイヤル・ダッチ・シェル社は参加企業ですかですが、ナイジェリアでその原則に沿わない事が起きています。

たまたま奈良グループの10月例会で、8人でシェル社あてに手紙を書きました。写真は手紙文と油まみれの田畑や川です。
くわしくは、アムネスティ日本HPナイジャーデルタ:石油採掘がもたらす環境破壊と暴力http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2521

Photo2

グローバル・コンパクトHP→ http://www.unic.or.jp/globalcomp/outline.htm

| | コメント (1)

「森岡正博さん講演会を聞いて」(小谷)

2009年10月3日ドーンセンター4階大会議室でおこなわれた死刑廃止ネットワークセンター大阪主催の森岡正博さんの講演会「33個めの石~死刑、そして生命の価値について~」に参加しました。

森岡さんは自らを「悩みの多い死刑反対論者」と定義されていて、もしも家族が殺されたら加害者をブスブス殺してやりたいと思いながら、死刑を廃止しないといけない、死刑に反対しないといけないと考えていますと述べられました。
まず臓器移植法案の改正のときに、脳死の際の臓器移植には本人の意思が必要と考えて運動していたときの体験をいろいろ話されたのは興味深かったです。
哲学・生命学・科学論を研究されている森岡さんのお話は刺激が多かったのですが難しくあちこちに飛びました。
悩みの多い死刑反対論者として、質疑応答の時間の質問に対しては「今のところ明確に回答できません」ということが多かったのが誠実だったと思います。

最後はバージニア工科大学で32人を殺して加害者も自殺した事件を紹介され、大学キャンパスに被害者追悼の32個の石が置かれたさいに、誰かが33個目の石(加害者も被害者であり追悼しようという意思に思われる)を置いた。話題になりすぐに取り除かれたが、後の調査で石をおいた人物は加害者の遺族ではなかったし、石を取り除いた人物も被害者の遺族でないことがわかった。
この加害者遺族でも被害者遺族でもない人々が石を置いたり取り除いたりする「揺らぎ」が死刑の廃止にとっても重要でヒントになるのではないかと語られたのが印象に残りました。

| | コメント (0)

「韓国民主化支援」からアジアの民主化支援へ(小谷)

2009年9月27日アムネスティ京都四条グループ主催の「イ・ハギョンさんを迎えて 日韓市民の対話の集い」に参加してきました。

昔、「アムネスティ関西グループ」が存在し、韓国の民主化運動の支援を熱心に取り組んだそうです。実際に支援を受けた人の話を聞くことができて良かったです。
韓国で1974年イ・ハギョンさんは「民生学連事件」で逮捕・投獄されたときに日本のアムネスティからたくさんの手紙やカンパが届いたとき、日本が悪い国家だと教育を受けてきたので複雑な気持ちだったそうです。しかし獄中で日本の支援者と文通するうちに「国家と国民は別、韓日市民の交流は大切だと悟った」と語っていたのが印象に残りました。他にも民主活動家のための職業訓練のための資金援助等もあったそうです。
アジアにまだ非民主国家が残っています。私はお話を聞きながら「アジアの民主化運動支援に取り組みたい」と考えました。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »