« 北朝鮮帰国者との交流集会に参加して(小谷) | トップページ | 11・1スピーキング・ツアー2009「奪われた人生~グアンタナモ収容所の真実を語る~」(大阪) »

記念講演会「奈良における外国人労働者の現状と人権」に参加して(小谷)

2009年10月31日、奈良県地方自治研究センター第28回総会の講演会に参加しました。講師は外国人労働者奈良保証人バンクの山本直子さんです。

「2008年末のリーマンショック後、奈良県における外国人労働者の状況が激変した。
南米からきていた日系外国人労働者の大半は、派遣会社を経由して仕事をしていて、多くの人が派遣切りをされ、多くの人達はペルーやアルゼンチンなど出身国へ帰国した。」

「最初に子供たちが通っていた学校の先生たちが異変に気付き、山本さんに連絡してきた。
夜間中学や外国人労働者奈良保証人バンクの相談会にも、派遣切りの相談が頻繁にくるようになった。
これは大変だということで、県内のNGOやNPOに声をかけて、2回にわたって約100人の外国人労働者と家族を集めて離職者のための相談会を行なった。」
という話や現在でもいろいろ相談を受けている話はやはり具体的でした。

「20年以上まじめに働いてきた外国人労働者を、不景気だからという理由で簡単に派遣切りをして、退職金も支払わず、雇用保険の適用も3か月のみで、30万円を持たせて出身国に帰国させる日本社会の冷酷さ」を嘆き、
「新しく介護や看護の分野で日本に入ってきている数多くの外国人労働者が、将来彼らの二の舞になるのではないかと心配している。」
と話されたのが印象に残りました。

|

« 北朝鮮帰国者との交流集会に参加して(小谷) | トップページ | 11・1スピーキング・ツアー2009「奪われた人生~グアンタナモ収容所の真実を語る~」(大阪) »

イベント (amnesty以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北朝鮮帰国者との交流集会に参加して(小谷) | トップページ | 11・1スピーキング・ツアー2009「奪われた人生~グアンタナモ収容所の真実を語る~」(大阪) »