« 連続セミナー陪審制度を学ぶ第11弾第2回「冤罪・氷見事件に学ぶ」 | トップページ | 「氷見(ひみ)・冤罪事件に学ぶ」に参加して »

2・12「裁判員制度は、何を変えたか?」@奈良弁護士会館

2月12日(金)午後6時半~8時半、「Ocean」との共催で、パネルディスカッションを開きます。

パネリストは、被害者遺族の原田正治さん、高野嘉雄弁護士、浅野健一同志社大学教授。参加費は¥500です。

会場の新しい奈良弁護士会館は、近鉄奈良駅①地番出口より徒歩3分

詳しくはちらし画像を拡大してご覧ください。(拡大表示は、画像をクリック。開いたウィンドゥの画像を再度クリック)

2010ocean2

20095月より裁判員制度が導入され、戦前の陪審制度から半世紀を経てわが国でも市民が裁判に直接参加することとなりました。

この裁判員制度の実施により、被害者遺族にとっては何が変わったのか、また、犯罪報道の在り方は変わったか、裁判員は、死刑の判断とどう向き合うのか等裁判員制度の持つ問題点や今後の展望を講師の皆様からお話いただきます。

問い合わせ ℡186-090-4279-7388

|

« 連続セミナー陪審制度を学ぶ第11弾第2回「冤罪・氷見事件に学ぶ」 | トップページ | 「氷見(ひみ)・冤罪事件に学ぶ」に参加して »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連続セミナー陪審制度を学ぶ第11弾第2回「冤罪・氷見事件に学ぶ」 | トップページ | 「氷見(ひみ)・冤罪事件に学ぶ」に参加して »