« 日本支部声明 : 入管収容施設の独立した調査を求める公開書簡 | トップページ | You Tube アムネスティの手紙書き »

自国政府への働きかけ

例会で、チベットの映画監督の釈放を要請するはがきを書き、メキシコ先住民活動家を支援する写真を撮りhttp://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=2995、それから小谷さん提案のいろいろなイベント計画について意見を言い合いました。

イベントの中で、私がおーっと、と思ったのは、ヴラダン・コチ(Ce)さんのリサイタル計画です。来年の秋、元興寺か聖公会の教会でできたらなあ、と話がでました。http://kamata-minoru.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-5cdf.html

そのあとミスタードーナツに場所を移して、今年の総会での問題の「従軍慰安婦」「バリオーサへの支出」についてです。グループの中でも、アムネスティ日本が、慰安婦に謝罪するという国会決議を求めるべきか、あるいはもっと別のことをはたらきかけるべきではないかで意見が分かれています。http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3016

アムネスティは、人権侵害を国際組織全体で取り組むというスタイルで出発しました。が、国際事務局が承認した問題については、個々のケースは取り組めないのですが、自国の政府に働きかけるということはしています。死刑廃止や難民や人身売買はそうしました。

それから、決算で2006年から2008年までの間に、会費収入を600万円上回る金額が(おもに電話や街頭での勧誘・継続依頼・会費請求など)会員増会費収入増のためにバリオーサに支払われたことについて。その点を監事が問題視しています。いっそ希望者全員郵送料以外ただにすればよかったのに、と思いました。それならもっとふえたでしょうに。これを無駄遣いだという点でグループの意見は一致しています。

|

« 日本支部声明 : 入管収容施設の独立した調査を求める公開書簡 | トップページ | You Tube アムネスティの手紙書き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本支部声明 : 入管収容施設の独立した調査を求める公開書簡 | トップページ | You Tube アムネスティの手紙書き »