« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

アムネスティレポート2010

もう、アムネスティレポートが出る時期。今年の人権状況の報告で、日本はどういう風にかかれているでしょうか。http://thereport.amnesty.org/sites/default/files/AIR2010_AZ_EN.pdf#page=136

続きを読む "アムネスティレポート2010"

| | コメント (0)

UA 中国 良心の囚人チベット人学者に拷問の恐れ(期限7月1日)

チベット人の学者で作家(ペンネームShogdung)Tagyalさんが4月23日青海省都Xining市の職場から治安要員に連行され、自宅のパソコンが押収された。
翌日深夜、家族に(中国からチベットを)分離扇動容疑で拘束した都と伝えた。

彼は2010年4月14日の大地震の後、救援に行こうとしたが、許可が下りなかったので、17日チベット人の学者やアーティスト7人で公開書簡を公表した。
追悼と中国政府の救援の処理を批判するものだった。
また彼が最近出版した本も拘束理由の可能性がある。

彼はXining第一拘禁センターにいると思われる。
チベット警察は留置中、とくに分離独立容疑の者に拷問や虐待をたびたびくりかえしている。

地震前の4月12日当局が家族の営む書店を閉めさせたので、収入源がないままである。

以下は、要請例文(エアメールはがきは70円切手をはってください)期限は7月1日です。

内容は、当局がTagyalさんを即時無条件釈放するように要求します。彼は表現の自由を平和的に行使しただけの良心の囚人です。
Tagyalさんが拷問や虐待を受けないように当局は保証してください。
また自身で選んだ弁護士や家族に面会でき、必要な医療を受けられるよう保障してください。

続きを読む "UA 中国 良心の囚人チベット人学者に拷問の恐れ(期限7月1日)"

| | コメント (3)

東日本入国管理センターのハンスト21日で一時中止

長期収容されている難民申請者の仮放免等を要求して5月10日(月)から開始された東日本入国管理センター(茨城県牛久市)のハンストのその後の情報です。

・茨城県選出の民主党国会議員が東日本入国管理センターのハンスト問題を国会で質問した。
・5月21日(金)ハンストを一時中止する。
・地元の難民、移民支援団体がハンスト実行者の委任で東日本入国管理センターと交渉する。
・交渉の内容次第ではハンスト再開もある。

難民申請者の長期収容者人達の仮放免が再開しても、それで終りではなくて、彼らの保証金・難民認定の審査結果がでるまでの住む場所・生活費をどうするかの問題がでてきます。
今後も日本の難民制度について、注目していきたいと思います。(小谷)

| | コメント (0)

ジャファル・パナヒ監督(イラン)保釈

イランの二人の映画人のUA対象者のひとり、パナヒ監督保釈のニュース。asahi.com http://www.asahi.com/international/update/0526/TKY201005260369.映画人たちが、嘆願書に署名していたという、コッポラ・スピルバーグ・レッドフォード・スコセッシら。http://www.cinematoday.jp/page/N0024601

これから革命裁判所で裁かれるそうです。彼は、テヘランの政治犯の拘禁施設で弁護士と家族の面会を求めハンスト中だったということですが、もうひとりの映画監督はかわりないのでしょうか。

| | コメント (0)

大阪刑務所を見学 (2010年5月24日)

アムネスティの国内人権ネットワーク主催で大阪府の堺にある大阪刑務所参観に参加しました。Caza1s99

まず約20分パワーポイントを見ながら簡単な説明を大阪刑務所の調査官から受けました。
続いて、2列になって男性・女性・男性の順番で広い刑務所内を見学しました。歩いている時間が長かったわりに、工場部分や居住地域を見ることができずに残念でした。国内人権ネットの大阪刑務所参観は2回目で、前回は居住地域の共同室や単独室などの部屋も見ることができたそうです。
浴場と運動場は見ることができました。入浴は一度に51名、時間は15分だそうです。夏は週に3回、冬は週2回入浴できます。
運動場はかなり広く、運動会やソフトボール大会があるそうです。
食事を作っているところの前にはメニューが書いてあり5月24日は昼はビーフカレー、夜はグラタンフライと書いてありました。

部屋に帰ってから、調査官への質疑応答がありました。土日になぜ面会ができないのか(土日は職員の数が少ない)、本の購入や差し入れは自由にできるのか(犯罪を助長しない限り可能)、喧嘩やいじめがあった場合どうするか(可能な限り部屋を離す)、火災訓練をしているか(している)、アムネスティ以外の参観は可能か(年に一回一般市民の参観、過去に大学法学部の参観があった)等の質疑応答がありました。
他にも被収容者への面会や手紙交換の方法、再犯率を減らすための研修、職業訓練について、仕事の報酬、職員数や医師の数などについて活発な質問がありました。

| | コメント (2)

チベットの高僧釈放要請の署名サイト

チベット大地震のお見舞い申し上げます。

リンポチェ解放署名要請が回ってきたのでお知らせします。http://www.freetibetanheroes.org/home.php/profiles/tenzin-delek-rinpoche/petition.

鎌田さんによると、「テンジンデレグリンポチェはチベット東部リテン出身で、その地域の人々に敬愛されるチベット仏教の高僧であり、指導者です。
彼は現在、“爆弾事件の首謀者”との疑いをかけられ四川省の刑務所で終身刑に服しています。
彼は2002年に行われた秘密裁判で死刑の判決を受けました。
裁判は最低限の国際司法の基準も満たしておらず、彼が実際に犯罪に関わったと確定出来る証拠もありませんでした。
彼のために世界中でわき起こったキャンペーンの後、2005年にテンジンデレグの死刑は終身刑への減刑されます。
そして、それからもチベット人とその支援者達は休む事無く、彼の釈放を求めて世界中で声を上げ続けています。
現在3万筆集まった署名アクションでは、チベット本土の人々がリンポチェの釈放を求めて集めた4万筆と同数の署名には、あと1万筆必要です。」

続きを読む "チベットの高僧釈放要請の署名サイト"

| | コメント (0)

UAイラン 良心の囚人 二人の映画監督 (期限6月16日)

イランは優れた児童映画で有名です。キアロスタミ監督は、御存じの方が多いと思います。彼の脚本でデビューした弟子のパナヒ監督の「白い風船」は公開当時かなり話題になったのでテレビで放映時見ました。好きな作品です。

ヤフー映画のサイトhttp://info.movies.yahoo.co.jp/detail/typs/id37004/ta/

その後イランの女性映画を作って、ベネチアやベルリンでも受賞しています。

きょうUA一覧を見て、ヒット数が200のアクションがあったのでひらいてみると、なんとそのパナヒ監督ともうひとりシルサディさんが、それぞれ3月と1月に逮捕され、裁判なしで拘禁されています。パナヒ監督は、開催中のカンヌ映画祭で審査員を務めるはずだったそうです。http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3104

イスラム最高指導者ハメネイ師宛てinfo_leader@leader.ir
、またはテヘラン司法長官宛てavaei@Dadgostary-tehran.ir
メールでも要請できます。アピール例文

Your Excellency,
I’m writing to express my deep concern that two Iranian filmmakers – Mohammad Ali Shirzadi and Ja’far Panahi – are detained without charge or trial in Evin Prison and concern that Mohammad Ali Shirzadi was held incommunicado for 40 days.
Freedom of expression is guaranteed under Article 19 of the International Covenant on Civil and Political Rights to which Iran is a state party and that the right to freedom of expression includes freedom to seek, receive and impart information, either orally, in writing or in print, in the form of art, or through any other media.
I respectfully call you, on humanitarian grounds, for the immediate and unconditional release of Mohammad Ali Shirzadi and Ja’far Panahi as they are held solely for the peaceful exercise of their right to freedom of expression and are prisoners of conscience.
I also urge you that family members of all detainees are informed promptly of their relatives’ whereabouts and allowed to visit them regularly

Respectfully yours

内容は

続きを読む "UAイラン 良心の囚人 二人の映画監督 (期限6月16日)"

| | コメント (1)

5・16吉 元玉(キル・ウォノク)さんの証言を聴く会@京都

主催
5.16京都証言集会実行委員会
「慰安婦」問題を考える市民の会、
アムネスティ・インターナショナル日本「慰安婦」問題チーム、
日本軍「慰安婦」問題関西ネットワーク

旧日本軍性奴隷制(「慰安婦」)問題の解決のために・アジアと日本の未来のために
吉 元玉(キル・ウォノク)さんの証言を聴く会

証言:「真実を知ってください」
旧日本軍性奴隷制被害者 吉元玉(キル・ウォノク)さん

講演:「ハルモニたちの近況と韓国での運動の現状」
韓国・挺身隊問題対策協議会常任代表 尹美香(ユン・ミヒャン)さん

ピアノ演奏:池邊幸惠さん

5月16日(日)午後 2:00~4:00(開場 午後1:30)
長岡京市立中央公民館 3階市民ホール

阪急「長岡天神」駅 西口から徒歩7分
http://www.joho-kyoto.or.jp/~f-machi/209/dekakeyo/010/access.html
※当日は駐車場の満車が予想されますので、公共交通機関でお越しください

参加費 一般500円  学生無料

続きを読む "5・16吉 元玉(キル・ウォノク)さんの証言を聴く会@京都"

| | コメント (0)

6・20 『2010世界難民の日関西集会』

6月20日は国連の「世界難民の日」です。その日に、『難民にもやさしい国に』‐人間としての共感にもとづく公正な「難民制度」を私たちは求めています‐をテーマとする催しが開かれますので案内します。

主催  2010年世界難民の日実行委員会 後援  (社)アムネスティ・インターナショナル日本
日時  6月20日(日)12時~15時15分(終了後  交流会有り)
場所  大阪市住まい情報センター3階ホール  大阪市北区天神橋6丁目4-20 アクセス:地下鉄「天神橋筋六丁目」駅下車(3号出口より連絡)、JR環状線「天満」駅下車北へ徒歩7分
内容
・開催趣旨説明
・在日難民からのリレートーク(コンゴ・ウガンダ・スリランカから来た難民の方からお話を伺います)
・関係団体などからの活動紹介
基調講演「新しい難民制度への挑戦‐韓国の事例」  ファン  ウヨ 韓国国会議員(「難民等の地位と処遇に関する法律案」代表提案議員)
パネルディスカッション「隣国韓国の取り組みから私たちが学ぶこと」
〈パネラー〉ファン・ウヨ 韓国国会議員、キム・ジョンチョル弁護士(ソウル地方弁護士会難民人権幹事)、辻 恵 衆議院議員・法務委員会理事、中村 彰さん(アムネスティ日本・大阪難民チーム)
参加費 資料代 1000円(学生 500円)※1ドリンク付
問合せ先 RAFIQ【ラフィック】

続きを読む "6・20 『2010世界難民の日関西集会』"

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »