« 東京拘置所参観報告 | トップページ | アムネスティ日本2010年度臨時総会に参加しました »

「高槻ジャズとグルメフェア」の社会貢献ひろばにブース参加報告

フェアは、2010年10月10日(日)11日(祝)に大阪府の高槻市の高槻城跡公園/市民グラウンドで開催された。今回で2回目。http://www.food-festival.jp/

アムネスティ大阪難民チームは、社会貢献ひろばにはじめてブース参加し、アムネスティの本・カード・絵はがき、フェアトレード商品、チーム作成の絵はがき等を販売した。
Ca5xk8hn_2
ブースのスタッフは10日は2人、11日は6人。天気はよかった。10日はちょっと寒くて11日はあたたかだった。
クリスマスカード(100円~250円)とチーム作成の絵はがき(1枚50円)がよく売れた。
これは、西日本入国管理センターに収容されていた難民申請者の男性が描いた絵を、チームの人が絵はがきにして、本人の許可を得て販売している。
僕は彼と個人的に文通していた。
Img_800x617_3
販売の合間に、大阪難民チームの「なんみん学習会」に一人でも参加していただけたら、日本の難民制度改正に少しでも理解が深まったら、と祈りながら大阪難民チームのチラシとアムネスティのリーフレットやアムネスティ商品カタログ、アムネスティ奈良グループのグループ通信をセットして配った。他のメンバーの人達もそれぞれチラシは配っていた。

会場の高槻城跡公園は、ふだん高槻市民が普通に家族で遊んだり犬を散歩させたり太極拳をしている緑の多い公園である。
フェアの2日間は、3か所のステージでジャズが演奏され、食に関する展示販売、アートの森、フリーマーケットなどもあった。
社会貢献ひろばでは、わたしたちのほかに、ビッグイシュー基金、たかつき市民活動ネットワーク、RAFIQ、ビルマ救援センター、社会福祉法人の共働舎花の会、わかくさ福祉会、高槻ライフケア協会などが参加していた。

アムネスティ大阪難民チームのブースは、ちょうどジャズのステージの前で、演奏も聴けて音楽を楽しむことができた。公園に大きなたこの形をしたすべり台があったが小学校のころよくすべり台で遊んだと懐かしかった。人が少なくなったらこっそりすべろうかと悩んだほどだった。
大阪難民チームが「高槻ジャズとグルメフェア」にメンバーが力をあわせて2日間もブース参加することができたことに感動した。来年はチームに関係なく一人でゆっくり高槻にジャズを聴きにいくのもいいなと迷っている。今回のブース参加でちょっと高槻を好きになったような気がする。
アムネスティ・インターナショナル日本 奈良グループ 大阪難民チーム 小谷勝彦

|

« 東京拘置所参観報告 | トップページ | アムネスティ日本2010年度臨時総会に参加しました »

イベント (amnesty以外)」カテゴリの記事

難民チーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京拘置所参観報告 | トップページ | アムネスティ日本2010年度臨時総会に参加しました »