« 池田Mさんへの手紙 | トップページ | 木津川市議会の「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書 »

「慰安婦」問題解決を求める意見書を採択!

私は、アムネスティ・インターナショナルの会員ですが、昨年秋の全国交流会の分科会では「慰安婦」問題を選び話し合いに参加しました。
アジア・太平洋戦争中に「慰安婦」にさせられた多くの女性が存在したことを知って以来、この問題が国の責任であり、その解決のために私にも何か出来ることはないのかしらと思い続けていたからです。
その時、活動の一つに地方議会で「慰安婦」問題解決を求める意見書を可決させるという取りくみがあり、すでに11の市議会で成功していることを知りました。
全国各地方議会で意見書を採択、その議会の議長名で国に意見書を提出し、そのことによって日本政府を動かそうという試みです。

私が住む京都府木津川市は京都府の最南端にあります。
この市でもなんとか意見書を議会で可決してもらいたく、まず手始めに市民派と称されている市会議員にメールを送りましたが、それは徒労に終わりました。
現在の市に合併される以前、彼女の住む町議会では「慰安婦などなかった」という請願があり、彼女は反対をしたが、可決されたという経過があったのです。
そんなこともあって「この問題にはかかわりたくない」との返事を受け取ったのです。
途方にくれていた時、助け人が現れました。

最近木津川市に移ってこられた女性学研究者のMJさんとひょんな機会に知り合えたのです。
彼女から奈良で「慰安婦」問題解決のために活動しているグループや、京田辺市で意見書を可決するために活動されたOKさんに声をかけて集まってもらい、知恵を授かることになったのです。(冬きたりなば)

木津川市会議員26名の中で、民主党会派が8名と一番多いので、まず民主党の議員の賛成を得ると動きやすいこともわかりました。
奈良グループの一人が木津川市出身の府会議員(民主党)を知っていると言われました。
たまたま私もその府会議員とは面識がありましたので、早速会いに行きした。
府会議員はすぐに市会議員M氏に会う手はずを整えてくれました。

Mさんと私が市役所の民主党会派の部屋を訪れましたら、M氏を含め8名全員が揃っていて、全員から意見書の可決への快諾を得ました。
「多分公明党の議員(2名)も異存はないだろう。共産党議員(4名)に関しても賛成してくれることは間違いない」と言われ、緊張していた私たちには拍子ぬけの感がありました。

当初私たちは5つの会派を回りそれぞれの会派から一人ずつ紹介議員になってもらうつもりをしていましたが、M氏から「意見書の問題は厚生常任委員会(6名)にかけ、もし委員全員に異存がなければ本議会にかけられる。
その場合には可決される公算が強い」と言われましたので、とにかく厚生常任委員会ではかってもらうことになりました。
その後開かれた厚生常任委員会に傍聴に行きましが、一人の議員が賠償金についての懸念を述べた以外に意見は出ず、本議会に提出されることがすんなりと決まりました(賠償金問題については、私達の意見をまとめて文章にし、その後6名の厚生常任委員全員に渡しました)。

そして、いよいよ10月1日の本会議では賛成22名、反対2名、退場1名という結果で可決されました。
反対議員2人の所属会派の名は「イレブンの会」と「さくら会」で政党色ははっきり分からず、退場議員は「イレブンの会」所属です。
たった二人の市民が取り組み始めたのですが、実にスムーズに木津川市議会では可決されたのです。

今年9月時点で、近隣の京田辺市、長岡京市、向日市も含め、すでに30の市町村で意見書が可決されていました。
私たちが働きかける以前のそうした活動の努力が反映されたのだと思います。
今回全議員にA4用紙13枚を一綴りにした資料を渡しましたが、「慰安婦」問題についてまったく知らないと思える議員がいることがわかりました。
今回の取り組みによって、自分の住んでいる市の議員全員に会って話をすることができました。
全国には1,727の市町村が存在し(2010年4月現在)、10月時点で意見書の可決にこぎつけたのは33市町村です。
全国各地にこの動きが波及し、一日も早く政府を動かす「力」になって欲しいと願っています。 
                     

立命平和ミュージアム「平和友の会」寄稿

なお、アムネスティ国際事務局の立場はこちらhttp://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=875&mm=1&sel_lang=japanese

|

« 池田Mさんへの手紙 | トップページ | 木津川市議会の「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書 »

従軍慰安婦チーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 池田Mさんへの手紙 | トップページ | 木津川市議会の「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書 »