« 木津川市議会の「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書 | トップページ | 12・19We can live without the death penalty.死刑のない社会へ 地球が決めて20年 日比谷公会堂大集会 »

「忘れたらアカン 拉致被害者の救出を」大阪府民集会に参加(小谷)

■2010年11月23日(祝)13時半~16時半
■中ノ島公会堂
■(主催)大阪ブルーリボンの会

「忘れたらアカン  拉致被害者の救出を」大阪府民集会に参加することができた。会場の中ノ島公会堂はほぼ満員だった。
老若男女バランスとれていた人達が1000人以上集まっていた。
最初に株式会社  独立研究所の青山繁晴さんの講演会が1時間30分、青山さんが司会で拉致被害者家族会の有本夫妻と横田夫妻、特定失踪者家族会の人達約10名によるパネルデイスカッションが1時間30分あった。

青山繁晴さんのお話は、これから数年後北朝鮮で独裁者の継承時に混乱する可能性が高く拉致被害者の人達を北朝鮮から取り戻す機会が訪れる。そのときに備えて準備を今からしないといけない。拉致問題担当大臣を拉致問題をよく勉強していて誠実な人を選ぶように働きかけようという具体的な話だった。

横田滋さんは「経済制裁を強めるのと交渉の両方が大切」と発言されていた。また特定失踪者家族の会(北朝鮮に拉致された可能性が強いが日本政府から認定されていない人の家族)がはじめて壇上にあがって発言されたことは意味があったと考える。帰国した拉致被害者の曽我ひとみさんの情報を日本政府は全く把握していなかった。日本政府が把握している拉致被害者の人達は氷山の一角の可能性がある。
最後に横田早紀江さんが「拉致問題に取り組むのは命を大切にするということ。川でおぼれている人、ホームに落ちた人がいたら助けるのと同じ当たり前の話です。」と話したのが印象に残った。非常に有意義な集会だったと考える。

大阪ブルーリボンの会配布資料の中に北朝鮮あてのハガキが入っいた。それを見本にして「私たち日本人は拉致被害者の人達を絶対に忘れません。拉致被害者全員を日本に帰してください。」とメッセージを書いてエアメイルを早速出した。すべての拉致被害者が生きて帰ることを信じて微力ながら北朝鮮の拉致問題に取り組んでいきたい。現在進行中の人権侵害を止めましょう.

|

« 木津川市議会の「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書 | トップページ | 12・19We can live without the death penalty.死刑のない社会へ 地球が決めて20年 日比谷公会堂大集会 »

イベント (amnesty以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木津川市議会の「慰安婦」問題について政府の誠実な対応を求める意見書 | トップページ | 12・19We can live without the death penalty.死刑のない社会へ 地球が決めて20年 日比谷公会堂大集会 »