« 5・2、5・3 阪大 いちょう祭 「なんみんカフェ~難民と話そう、難民を知ろう~」 | トップページ | 劉暁波さんの釈放の求めて/アースデイ奈良2011参加報告 »

Daily Yomiuri Online /The Daily Yomiuri 2011年4月22日付 DY Weekend

online のニュースは、日が経つと削除されるので、つぎの記事を記録しておきます。

Cellist sends positive messages to Japan
Hiroko Oikawa / Special to The Daily Yomiuri

http://www.yomiuri.co.jp/dy/features/arts/T110421005268.htm

Czech cellist Vladan Koci has performed in Japan once or twice a year since 1994. Over this 17-year-period, he has increasingly found it more spiritually rewarding to perform at hospices, orphanages and senior homes in Japan and around the world.
"I've met so many nice people who are supporting good things in the world, such as Amnesty International, organizations in Hiroshima and Nagasaki and people working for charity," Koci said in an interview for The Daily Yomiuri ahead of his Japan tour to mark Amnesty International's 50th anniversary.
Among his many experiences, including a short performance at the memorial park in Hiroshima, Koci, 47, remembers a moving encounter a few years ago with a woman dying at a hospital in Suwa, Nagano Prefecture.
"The doctors wouldn't allow her to come to the concert. Instead, they asked me to come to play in the room for her...I was playing only Bach's cello solo...The room was small, people were there, and the chair was low, so I was very uncomfortable. But the music was so strong," Koci recalled. Something--be it the music, the energy, or an act of God--directly affected the woman, he explained. "Then her doctors allowed her to go to the concert, because everybody had felt something special."
Koci learned the woman died peacefully three days later while listening to a CD recorded by him and his family.
A professor at the Prague Conservatory and international performer of solo and chamber music, Koci says he is increasingly choosing to involve himself in this kind of activity. "I believe music is something that connects us with the eternal world; it helps us understand life--especially when people are in a difficult situation. It's important to think about things that are bigger and higher than our world here...It's the most important thing you can do with music."
Koci also has played across the globe with the Prague Cello Family, an ensemble with his cellist wife, his son--also a cellist trained at the Juilliard School in New York and now studying physics and medicine at a U.S. university--and his daughter, a violin student at the Prague Conservatory.
The profits from Furusato: Prague Spring (2008), one of the group's three albums, have helped sick children in Chernobyl and Iraq through the Japan Chernobyl Fund, organized by Dr. Minoru Kamata, writer and honorary director at the Suwa Central Hospital.
Koci's passion for such charitable causes is deeply rooted in his appreciation for the people who supported him during his Soviet-era imprisonment. For eight months in 1988 and 1989--the last two years of the communist regime--Koci, already the principal cellist with the Prague Chamber Opera, was imprisoned by the Czechoslovakian government after he refused to join its military. In 1989, he was released during the Velvet Revolution.
"The time wasn't simple because we didn't know the change would come so soon...In such a situation, suddenly you can see who is your friend and who isn't any more," he recalled. At the time, his family received letters and material support from around the world, much of it from Amnesty members, Koci explained.
"After the change of the political system I decided to support these [charitable] activities...This world is getting smaller and smaller. What happens in other countries is important to us...We try to help each other," he said.
Koci's program on this tour includes his own composition, "Out of the depths I cry to you, LORD," inspired by Psalm 130. It was a piece he wrote after his release.
"I'm not a composer, but I felt I had to write the music...It is like a prayer from my heart to God," Koci said. "It was an interesting experience for me to see that God can use you to do anything."
The piece describes the inner struggle Koci went through during his imprisonment and his dialogue with his wife and son, he explained. The music is mostly dark, but there is some light, he said.
Koci admits many people have asked him why he was traveling to Japan at this time, but he said now is the best time to come, as he wishes to support positive causes.
"In a difficult time like this, we have to think we have a short time to live. We have to ask why we are here," Koci said.
"The main reason why we are here is to do our best to make this world better...Look for God and try to do the best for other people," he added. "Such a hard experience can help us understand [why we are here]. But we have to ask for and to take positive things."
Vladan Koci will perform with pianist Ena Ariyoshi on April 23 at 6:45 p.m. at Yokohama Minato Mirai Hall in Yokohama. Call Amnesty Kanagawa at (090)********; April 27 at 6:30 p.m. at Doshisha University Kanbai-kan Hardy Hall in Kyoto; April 30 at 3 p.m. at United Church of Christ in Japan
Toyonaka Church in Toyonaka, Osaka Prefecture. For Kyoto and Osaka concerts, call Amnesty International Osaka Office at (06)********(Apr. 22, 2011)

写真は京都連絡会提供の4月27日のハーディーホールのものです。
Cid_01_110502_161043__841shsoftba_2 Cid_01_110502_160852__841shsoftbank 

参考訳

チェコのチェリスト、ヴラダン・コチさんは、1994年以来年に一、二度日本で演奏している。この17年に、日本や世界のホスピス、孤児施設、高齢者施設で演奏することは精神的な報酬がより多いと、ますます思うようになった。
「世界中でよい支援をしている数多くの素晴らしい人びとにお会いしました。アムネスティ・インターナショナルとかヒロシマナガサキの組織とかチャリティ活動をしている人々のような。」と、アムネスティ・インターナショナル50周年コンサートツァーに先立つザ・デイリー・ヨミウリのインタビューで述べた。

広島平和記念公園での短時間の演奏も含めて数多い経験の中でも、コチさん(47)は、数年前長野県諏訪の病院で死期間近な女性との感動的な出会いを思い出す。
「医師たちは、その女性がコンサートに行くことを許可しませんでした。かわりに、病室へ彼女のために演奏しに来てくれるよう私に頼みました・・・私はただバッハの無伴奏チェロを弾いていただけで・・・狭い部屋に人々がいるわ、椅子は低いわでとても弾きにくかったのです。しかし音楽の力は強くて、それが音楽であれ、エネルギーであれ、神の御業であれ、何かが直接その女性に影響を与えました。そのあと医師たちはその女性にコンサートに行ってもよいといいました。特別なことが起こったとみんな感じていたからです。」
彼や彼の一家のCDを聴きながらその女性は3日後安らかに亡くなったということを、コチさんは知らされた。

ソロと室内楽の、プラハ音楽院教授であり国際的演奏家のコチさんは、このような活動をすることを以前にもまして選ぶようになってきた。「音楽は永遠の世界と私たちを結ぶものだと思います。人生を理解する手助けになります・・・とくに困難な状況にあるときには。この世のことより大きく高次元のことを考えることが大事です・・・それが音楽がなし得る最も大事なことです。」

コチさんはまたザ・プラハ・チェロ・ファミリーとして世界中で演奏している。チェリストの夫人に息子・・・ニューヨークのジュリアード音楽院でチェロを習った後、アメリカの大学で物理と医学を学んでいる・・・にプラハ音楽院のバイオリンの学生である娘との合奏団である。
ふるさと:プラハの春(2008)はその合奏団の三枚のアルバムの一枚で、収益は鎌田實さん(作家で諏訪中央病院名誉院長)が運営する日本チェルノブイリ基金を通じてチェルノブイリとイラクの病気の子供たちのために役立てられてきた。

コチさんがこのようなチャリティ活動に熱心なのには、ソヴィエト時代に投獄されていた間、助けてくれた人々への感謝にその深いルーツがある。1988年から89年にかけての8か月間・・・共産主義体制の最後の2年間にあたる・・・当時すでにプラハ室内歌劇場の首席チェリストだったコチさんは、軍隊にはいることを拒否してチェコスロバキア政府によって投獄された。1989年にベルベット革命が起きて釈放された。
「変化がそんなにすぐ訪れるとわからなかったので簡単な時代ではなく・・・そういう状況では突然だれが友人でだれがそうでなくなるかわかります。」その当時彼の家族は世界中から手紙と物質的支援を受け、おおくはアムネスティ会員から、とコチさんはいった。
「政治体制が変わった後、こうしたチャリティ活動を支援する決意をしました・・・世界はだんだん小さくなってきています。よその国でおこったことでも我々にとって大事で・・・我々は助け合おうとします。」

今回のコンサートツァーのプログラムに、讃美歌130にインスパイアされた、コチさん自身の曲『深き淵より(どん底から私は主の名を呼ぶ)』が入っている。釈放後に書かれた作品だ。
「私は作曲家ではないが音楽を書かねばならないと感じました・・・心からの神への祈りのようなものです。神様が人をお使いになって何かをなさるということがわかる興味深い経験でした。」
作品は獄中で経験した内面の葛藤と妻や息子との対話を描いており、音楽は大方暗いですが、光がわずかにあります。

なぜこの時期に日本でツァーをするのかとたくさんの人が尋ねるとコチも認めている。が、ポジティブなチャリティ活動を支援したいと願うので、今こそやってくるには最良の時なのです。
「このような困難な時に、人生は短いと思うべきです。生きている意味を問うべきです。」
「我々が生きているのは、最善をを尽くしてこの世界をよくするためです・・・神の恵みを期待し、隣人に最善を尽くしましょう。このような辛い経験こそが、我々がどうしてこうして生きているのかを理解する手助けになります。我々は生きてる意味を求めながら前向きにとらえなければなりません。」

ヴラダン・コチさん、ピアニスト有吉英奈さん共演の公演予定は、
4月23日午後6時45分から横浜みなとみらいホール(横浜市)
4月27日午後6時半から同志社大学寒梅館ハーディホール(京都市)
4月30日午後3時から日本基督教団豊中教会(大阪府豊中市)

|

« 5・2、5・3 阪大 いちょう祭 「なんみんカフェ~難民と話そう、難民を知ろう~」 | トップページ | 劉暁波さんの釈放の求めて/アースデイ奈良2011参加報告 »

イベント」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5・2、5・3 阪大 いちょう祭 「なんみんカフェ~難民と話そう、難民を知ろう~」 | トップページ | 劉暁波さんの釈放の求めて/アースデイ奈良2011参加報告 »