« ライティングマラソン2012 in 奈良 | トップページ | アムネスティがやってきた!キャラバン隊in香川県(報告) »

第三回多文化共生フェスティバル・関西(報告)

2012年12月8日(土)第三回多文化共生フェスティバル・関西が大阪国際交流センターの大ホールで開催されました。昨年に引き続きアムネスティ奈良グループもなにわグループと一緒に多文化共生フェスティバル・関西の実行委員会に入っていました。

一部は最初に実行委員会委員長の鷲田さん(アムネスティなにわグループ)の挨拶にはじまり、ジャーナリストの石丸次郎さんの講演、国際政治学者の浅井信雄さんの講演、アムネスティの若林事務局長のコーディネーターによる三人のシンポジウムでした。二部はアムリッタ・ダンス・カンパニーの南インド舞踊と丸田恵都子さんによるアルパ演奏でした。丸田さんの演奏は3回目ですが毎回私の病んでいる心が癒される気がします。

一部と二部の参加者は250人以上でまあまあだったのですが、約1000人の大きな会場だったので、かなりさびしく感じました。
アンケートの感想は「フェスティバルの内容は文句の付けようがないくらい良かったが参加者が少なくてもったいなかった」という意見が多かったと聞きました。

三部は自由に乾杯!交流パーティでした。私は実行委員会のスタッフの30人くらいの参加者で淋しいのではないかと心配していたのですが、当日は60人くらいの参加者でした。半分はスタッフではなく当日の一般の人だったみたいでにぎやかなパーティになりました。乾杯の挨拶はアムネスティの若林事務局長でした。

私も裏方として朝9時から机や椅子を運んだり、当日配布資料をセットしたり、会場係をしたり、楽屋の担当をしたり、プロジェクターのフタの開け閉めなど、仕事はしたつもりですが、年のためか途中から眠くなってました。青年海外協力隊OBOG会の特に若い人達はてきぱきと元気に活動されていて素晴らしいなと思いました。私は途中から体が動かず三部のパーティの後片付けはほとんど任せしてしまいました。青年海外協力隊OBOG会のみなさま、ありがとうございました。

反省点としてはフェスティバルの実行委員会が立ち上がったのが2か月前で、内容がなかなか決まらずチラシが手元に届いたのは3週間前で、常識的には考えられない運営をしてしまったことです。アムネスティのニュースレターや情報定期便にも間に合わなかったです。私も実行委員の一人として反省しています。それをあわせて考えると今回の参加者は少なすぎと言われましたが、奇跡的な数字だとも思えてきます。実行委員会というのは楽しくさもしんどさも両方あります。第四回は改善したいと思います。

当日はアムネスティのニュースレターと人権パスポートを参加者の人達に配布しアムネスティを宣伝しました。またアムネスティのライティング・マラソンとして「マララ・アクション」(パキスタンの人権活動家の少女マララさんに応援のメッセージを送るアクション)も配布し、協力を呼びかけました。(小谷)

|

« ライティングマラソン2012 in 奈良 | トップページ | アムネスティがやってきた!キャラバン隊in香川県(報告) »

イベント (amnesty以外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライティングマラソン2012 in 奈良 | トップページ | アムネスティがやってきた!キャラバン隊in香川県(報告) »