« 次回例会は4月7日14時から | トップページ | AI(アムネスティ・インターナショナル)日本代議員大会 その2 »

AI(アムネスティ・インターナショナル)日本代議員大会 その1

316日~17日に、所謂アムネスティ日本支部の総会が東京で行われ参加しました。

今回、特に印象に残ったことは、オーストラリアと韓国で、中心になって活動されている方々を招き両国の活動の発展ぶりを知りえた事、またAIIS(国際事務局)から役員を招き、AI活動の今後の変化を認識した事などです。

オーストラリアは先住民の人権状況が劣悪で、総人口のわずか2%しかない先住民が刑務所人口の25%を占めていることでもわかります。昨年、AIがそれに対するキャンペーンを組んだ結果、政府からの先住民コミュニティに対して充分な財政支出を確約、また人々の関心も引き付けることが出来て、なんと20万人以上がアムネスティの活動に加わり、財政面でも6%の増加を実現したということをお聞きしました。

韓国支部では、2004年には事務局員は3人、会員数は2千人、年間収入は6万ドルに過ぎなかったのに、F2F(フェイス・トゥー・フェイス:対面での勧誘)を始めた結果、2008年の終わりには会員は1万人で年間の収入は74万ドル、そして現在、会員数は1万5千人で年間収入は120万ドルに達しているという驚くべき発展ぶりです。F2F は、日本支部のCTA(コール・トゥ・アクション)に相当するものだと思います。韓国支部はそのプロジェクトの為に資金を借り入れて取り組んだとの事です。
(冬きたりなば)

|

« 次回例会は4月7日14時から | トップページ | AI(アムネスティ・インターナショナル)日本代議員大会 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次回例会は4月7日14時から | トップページ | AI(アムネスティ・インターナショナル)日本代議員大会 その2 »