« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

USTREAM取調べの可視化を求める市民集会20140117 (114:42)

ちらしhttp://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2014/event_140117.pdf

ゲストスピーカー 周防正行、江川紹子ほか

Video streaming by Ustream

続きを読む "USTREAM取調べの可視化を求める市民集会20140117 (114:42)"

| | コメント (0)

死刑制度の状況

2014年1月11日の学習会「世界の死刑制度」レジュメの前半です。

2. 死刑制度の状況
①死刑の存置国と廃止国の数(2014年1月10日現在)
全面的に死刑を廃止した国:98カ国
通常犯罪についてのみ死刑を廃止した国:7カ国
事実上の死刑廃止国(注1):35カ国 廃止国の合計:140カ国
死刑存置国:58カ国

②今世紀になってから全面的に廃止した国
2001年:ボスニア・ヘルツェゴビナ
2002年:キプロス、ユーゴスラビア
2003年:アルメニア
2004年:ブータン、ギリシャ、サモア、セネガル、トルコ
2005年:リベリア、メキシコ
2006年:フィリピン(1987アキノ廃止、1993ラモス復活、2006年アロヨ廃止)
2007年:アルバニア、クック諸島、キルギスタン、ルワンダ、米国ニュージャージー州、米国ニューヨーク州
2008年:ウズベキスタン、アルゼンチン
2009年:ブルンジ、トーゴ、米国ニューメキシコ州
2010年:ガボン
2011年:米国イリノイ州
2012年:ラトビア、米国コネチカット州
2013年:米国メリーランド州
(注2)

Photo

【米国の状況】50州のうち18州で死刑を廃止32州が存置、連邦法では10年以上、軍法では1961年から執行されていない(注3)、
☆ボストン弁護士会:1月7日、連邦の死刑制度に反対の声明
★今年の執行の予定(注5)
※米国の死刑の問題点
日本でも問題にされる点:抑止力、冤罪、
日本ではあまり注目されない問題点:恣意的な適用(注6)、コスト(注7)、外国人、先住民

【死刑の多い国】2012年に死刑を執行した国:21カ国 (中国を除くと682人)
中国(年間数千人)、イラン(314人)、イラク(129人)、サウジアラビア(80人)、米国(43人)、イエメン(28人)、スーダン(19人)、アフガニスタン(14人)
※執行数は2012年。10人以上執行した国々
2013年の死刑に関する統計は3月27日に発表の予定

続きを読む "死刑制度の状況"

| | コメント (2)

次回例会は2月8日(土)18時から

次回例会は2月8日(土)18時から奈良県女性センター2階です。

新年会(1月11日)で決まったこと

・アースデイ奈良 参加をする方向

・特別秘密法案学習会 奈良弁護士会に問い合わせをしてみる

・高の原フリマ 5月第2土曜日

| | コメント (0)

新年会報告

2014年1月11日(土)奈良県女性センターの2階の支援コーナーで死刑廃止ネットワークの大阪チームのコーディネーターの森本真由美さんに「世界の死刑制度」をテーマに1時間30分話をしていただきました。
Dsc00719_640x480

続いて、昨年12月1日にオープンしたばかりのインド料理の「ライオンスパイス」で、カレー等を食べながら、各自の自己紹介や今年のグループの取組等を話し合いました。
結論はでませんでしたが支部で議論されている「中央アフリカへの国連によるPKF派遣をアムネスティとして要請すること」「セックスワークの非犯罪化」についても議論しました。

メンバーが顔と顔をあわせて、なにわグループの鷲田さんや死刑廃止ネットワーク大阪の森本さんの活動のお話も直接聞けて、奈良グループのメンバーにとって刺激的で、貴重な体験になったと思います。(小谷)

| | コメント (0)

「自由に乾杯!フェスティバル2013」の参加報告(冬来たりなば)

 1214日大阪国際交流センターで、アムネスティなにわグループに混じって奈良グループも共催団体として名を連ねているこのイベントに参加しました。

先ず、平山恵さん(明治学院大学教員)の「シリアの内戦・実は・・・?」の講演をお聞きしました。

 彼女は学生を連れて何度もシリアを訪れたことがあるそうですが、
2008年頃、農業国シリアは世界でも有数の安全な土地であったとのことです。

私のシリアの近況に対するイメージは漠然と「アサド政権=悪」VS「反政府軍=善」に近いものでしたが、それは日本も含む「西側」のシリア情報の偏りによるものだったことに気付かされました。(アラビア語からの情報がわかれば、違った側面が理解できるのですが、日本でアラビア語を理解できる人口が少なく、どうしても情報は英語からのになってしまっているらしいです。)

内乱の発端は、20113月に子供がアサド大統領の悪口を言って捕まり、子供の親がそれに対して抗議、それに共感した人々のデモが起こりました。政府側のデモ弾圧などがあり、同年9月頃は、政府対反政府の対立でした。事態に対してアサド大統領は譲歩を示し2012年には新憲法も発布されました。それで終わっていれば、民主化が進んだ平和なシリアですんだのですが、その頃に海外、主に米国、仏国、英国、サウジアラビア、カタール等から資金と傭兵と武器が投入され、国際社会の「代理戦争」の事態に発展したのです。海外の軍産複合体の武器輸出という戦争加担で政府軍・反体制側の武器が大型化し、又外国人戦士(彼らは、プロの兵士で経済状態の悪い国々からやって来てお金を得るためだけに戦っている)による無差別殺人などの結果、201312月現在、死者は124千人、難民の数は320万人(シリア国内避難民は400万人以上)にも及ぶという悲惨な状態になっています。難民の受け入れ国(レバノン、ヨルダン、トルコ等)も疲弊しており、難民先の国々での差別もひどく、又パレスティナからシリアに逃げた難民は再度逃げないといけなくなった二重難民になっているとのことでした。話を聞いて、シリアと「アラブの春」は別にして考えないといけないし、シリアは「アラブの春」に利用されたとしか言いようがないと感じたことでした。
Image

(平山さんは、シリア支援団体「サダーカ」の署名活動を訴えられました。インターネットで「サダーカ」と検索すれば現れます。私も、帰宅してから署名をしました。)


 講演の後、奈良グループでも使ったことのあるアムネスティのランタンを点火(シャイン・ア・ライト)若い人たちによる谷川俊太郎さん訳の「世界人権宣言」の朗読を聞き、パーティに移りました。


 12
10日は「世界人権宣言」が国連で採択された日です。その日を記念して行われたこのイベントに参加してシリアの難民に思いを馳せたことでした。
(冬来たりなば)

続きを読む "「自由に乾杯!フェスティバル2013」の参加報告(冬来たりなば)"

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »