« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年2月

映画『クロッシング』上映とトーク(ワン・ワールド・フェスティバル)

2014年2月1日2日大阪国際交流センターで開催された「ワン・ワールド・フェスティバル」に参加をしました。関西一といわれる国際交流のイベントです。
 
アムネスティの活動紹介のブースと手紙書きのブースのうち、手紙書きのブースのお手伝いをしました。
 
今年は2月1日小ホールで北朝鮮難民救援基金・アムネスティコリアチーム共催、北朝鮮の人権改善にむけてのトークアムネスティ日本の若林事務局長と北朝鮮難民救援基金の加藤さん、がありました。
__00

 
国連での流れは、国連人権理事会は、北朝鮮の「深刻で、広範囲で組織的な人権侵害」をより高いレベルで調査するために、事実調査委員会(COI)を発足し、2013年8月に韓国と日本で公聴会を開き、その中間報告が9月にスイスのジュネーブ、10月ニューヨークで行われました。2014年3月に報告書の形で人権理事会に提出され、10月には国連総会に付託される予定です。
 
若林事務局長のお話は昨年の12月5日の国際ニュース(朝鮮民主主義共和国:衛星画像が語る収容所の抑圧)http://www.amnesty.or.jp/news/2013/1205_4361.htmlの話が中心で『アムネスティ日本はこれからも北朝鮮で続いている様々な人権状況の改善に取り組んでいきます。』という言葉で締められ心強かったです。
 
あわせて近日公開の映画『北朝鮮強制収容所に生まれて』(3月29日(土)から大阪の九条のシネ・ヌーヴォで上映、公式サイトhttp://www.u-picc.com/umarete/)が紹介され、最後に映画『クロッシング』の上映がありました。
 
(小谷)

 

続きを読む "映画『クロッシング』上映とトーク(ワン・ワールド・フェスティバル)"

| | コメント (5)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »