« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

国連人権委員会、日本のヘイトスピーチ禁止を勧告

い2014年7月15日・16日、ジュネーブにおいて、国連の自由権規約委員会による日本政府報告書審査が行われました。

7月24日に、総括所見が発表されました。国連人権委員会のオフィシャルサイトから全文(英語)が参照できます。
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=CCPR%2fC%2fJPN%2fCO%2f6&Lang=en

ヘイトスピーチと人種差別についての部分です
Hate speech and racial discrimination 

12. The Committee expresses concern at the widespread racist discourse against members of minority groups, such as Koreans, Chinese or Burakumin, inciting hatred and discrimination against them, and the insufficient protection granted against these acts in the criminal and civil code. The Committee also expresses concern at the high number of extremist demonstrations authorised, the harassment and violence perpetrated against minorities, including against foreign students, as well the open display in private establishments of signs such as “Japanese only” (arts. 2, 19, 20 and 27). 

The State should prohibit all propaganda advocating racial superiority or hatred that incites to discrimination, hostility or violence, and should prohibit demonstrations that intended to disseminate such propaganda. The State party should also allocate sufficient resources for awareness-raising campaigns against racism and increase its efforts to ensure that judges, prosecutors and police officials are trained to be able to detect hate and racially motivated crimes. The State party should also take all necessary steps to prevent racist attacks and to ensure that the alleged perpetrators are thoroughly investigated and prosecuted and, if convicted, punished with appropriate sanctions

続きを読む "国連人権委員会、日本のヘイトスピーチ禁止を勧告"

| | コメント (0)

国連自由権規約委員会 第111会期 日本審査に向けた アムネスティの提言書

http://www.amnesty.or.jp/library/report/pdf/ICCPR2014.pdf

国連自由権規約委員会は、市民的及び政治的権利に関する国際規約(以下、自由権規約)上の義務を履行するための施策に関する第6 回日本政府報告書を、2014 年7 月に審査する。
審査に先立ち、アムネスティ・インターナショナルは、5年間のロンドンの国際事務局による独自の調査結果に基づき、委員会による検討のために提出するレポート。

続きを読む "国連自由権規約委員会 第111会期 日本審査に向けた アムネスティの提言書"

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »