« 8月の臨時例会、大雨のため取りやめになりました | トップページ | ドイツのヘイトスピーチ対策、オーストリアの事情、本の紹介など »

10.12 在日外国人の歴史と現状 ~ヘイトスピーチを考える~

【主催】 公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 奈良グループ

【日時】 2014年10月12日(日)14時~16時 (開場13時半)

【場所】 奈良県立文化会館第1会議室
     (近鉄奈良駅1番出口より東へ徒歩約5分) http://www.pref.nara.jp/22520.htm
 

【講師】 田中宏 一橋大学名誉教授         

    1937年東京都生まれ。岡山県出身

 アジア学生文化協会勤務、愛知県立大学教授、一橋大学教授、龍谷大学特任教授を経て一橋大学名誉教授

 専攻: 日本アジア関係史、日本社会論

 主な著作:「在日外国人 法の壁、心の溝」(岩波新書)

      「戦後責任 アジアのまなざしに応えて」(共著、岩波書店)

    「戦後60年を考える」(創史社)

最近、在日朝鮮人などを標的にしたヘイトスピーチが日本でも問題になっています。
7月にジュネーブで開かれた国連人権委員会の日本審査でも取り上げられ、こうした人種差別を助長する
行為の禁止が求められました。
今回、在日外国人、特に在日朝鮮人の歴史を学ぶことを通してヘイトスピーチを考える会を企画しました。
講師は在日外国人問題に詳しい田中宏さんです。
ヘイトスピーチの何が問題なのか、どうしていくべきなのかをご参加いただいた皆様と一緒に話し合って考えたいと思います。

皆様のご参加をお待ちしています。
Syuhencizu3
終了後、懇親会の予定


|

« 8月の臨時例会、大雨のため取りやめになりました | トップページ | ドイツのヘイトスピーチ対策、オーストリアの事情、本の紹介など »

イベント」カテゴリの記事

コメント

勧告に基づいて改善されることを願っています。政府が動くかどうかは国民の関心の程度にもよるでしょうから、講演会を通して関心を広めたいと思います。

投稿: 浜田 | 2014年8月 5日 (火) 22時04分

http://cgi2.nhk.or.jp/hitokoto/bbs/form2.cgi?cid=1&pid=27983
8月4日NHKラジオの夕方ニュース特集は
ヘイトスピーチについてでした。
改善勧告がなされたということで、一層注目を集めてる重要な問題で、講演会の頃までにどのような進展があるのか・・・と思います。
ラジオのゲストコメンテーターは、国際基督教大学の横田洋三氏と「ネットと愛国 在特会の闇を追いかけて」の著者ジャーナリストの安田浩一氏です。
流言飛語の怖さは、関東大震災で在日コリアが殺されたとことにも触れていました。またルワンダの大虐殺に至ったのは、悲しいかなラジオの影響力があったということも指摘され、それは現在のネット動画と酷似ししてるなどの話をされてました。

投稿: お茶屋 | 2014年8月 4日 (月) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月の臨時例会、大雨のため取りやめになりました | トップページ | ドイツのヘイトスピーチ対策、オーストリアの事情、本の紹介など »