« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

1・17講演会「慰安婦」に対するヘイトスピーチとは何か」 1・18上映会「オレの心は負けていない」

Cci20150111_0001_1051x1500



京都のイベントです

| | コメント (0)

2月例会は2月14日(土)14時から

場所は 橿原観光センターかしはらナビプラザ5F市民活動交流広場
(近鉄橿原線大和八木駅下車すぐ)
http://www.kashihara-naviplaza.com/

Cci20150111_0000_640x632_2スイスイ作

続きを読む "2月例会は2月14日(土)14時から"

| | コメント (0)

2・8ドキュメント映画『北朝鮮強制収容所に生まれて』(ドイツ制作)とトーク

<第22回ワン・ワールド・フェスティバル参加>.

日時: 2015年2月8日(日) 15:30~17:30

参加費: 無料


場所:関テレ扇町スクエア内関西テレビ放送1Fなんでもアリーナ(大阪市北区扇町2-1-7)
交通:地下鉄堺筋線扇町駅から直結、JR大阪環状線天満駅から徒歩1分、JR大阪駅・阪急阪神梅田駅から徒歩15分

主催:アムネスティ・インターナショナル日本 コリア・チーム/ 関西連絡会/ 北摂グループ
認定NPO法人北朝鮮難民救援基金

問合せ: アムネスティ大阪事務所(電話06-6227-8991)

1982年、政治囚の両親から生を受けたシン・ドンヒョク。彼が生まれ育ったのは、北朝鮮の強制収容所であった。シンが20年以上も過ごした14号管理所は、6歳の子どもに労働を強い、与える食事はわずか。外の世界について何も知らされず、閉じ込められた世界でみなが飢えと暴力、拷問に耐え毎日を暮している。
シンは、誰もがそのように生きていると思っていた。2005年、23歳の時に脱北に成功、強制収容所から脱出した世界で唯一の人となった。シンが過ごした過酷な日々、そして彼が新しい世界でみたものとは・・・・・

出演:申東赫(シン・ドンヒョク)
監督:マルク・ヴィーゼ
提供:マクザム
配給:パンドラ
後援:在日大韓民国民団
   公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
   ヒューマン・ライツ・ウォッチ

続きを読む "2・8ドキュメント映画『北朝鮮強制収容所に生まれて』(ドイツ制作)とトーク"

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »