« 6月例会は25日(土)@奈良 | トップページ | 6・26 世界難民の日関西集会2016 »

要請文

Prime Minister 
   Yingluck Shinawatra
Government House
Pitsanulok Road,Dusit District
Bangkok 10300、Thailand

 日付

Dear Prime Minister,

I am writing to express my concern at the imprisonment of Somyot Prueksakasemsuk under Article 112 of the Thai Criminal Code for publishing magazine articles. Amnesty International believes that he has been penalized for his peaceful exercise of the right to freedom of expression, and urges your government to drop charges against him and release him from detention.  I am calling on the Thai authorities to immediately and unconditionally release Somyot Prueksakasemsuk and all other persons detained or imprisoned for exercising peacefully their right to freedom of expression.

Your attention on his matter would be highly  appreciated.

Sincerely yours,

(署名)

奈良Gが担当していましたビルマの学生さんが釈放され、今回タイ国のジャーナリストを奈良グループは良心の囚人としてハガキ書きをすることになりました。

お名前は、Somyot Prueksakasemsuk さん。男性。1961年9月20日生まれ。
職業は、労働運動家、元雑誌編集者、家族は、妻、息子、娘の四人暮らし。
2011年4月30日、雑誌に載せた二つの記事が不敬罪に当たるとして10年の刑罰に処せられています。タイは王様を冒涜するとこの刑を処せられます。
アムネスティは、表現の自由が犯されているという立場から、彼を良心の囚人のケースとみなしています。

 

|

« 6月例会は25日(土)@奈良 | トップページ | 6・26 世界難民の日関西集会2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月例会は25日(土)@奈良 | トップページ | 6・26 世界難民の日関西集会2016 »