« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

3月例会は3月28日(土)2時から中止になりました

次回は、5月末に予定している難民についてのセミナーについて話し合いをします

女性センターが3月5日時点で貸館停止となったので、例会場所は7日現在未定ですが、開く予定です

新しい肺炎が世界的な流行になりつつある中で、開催不安を抱えながらのセミナー計画です

親が不法滞在の場合、日本で生まれ育った子供たちは今どうなっている、どうであってほしい・・・知りたい
難民と認められずに入管に無期限収容されている人の自殺、自殺未遂、ハンストの話に心が痛む、なぜに?という気持ちから

秋にセミナーをしましょうという話が出て

まずは、幸せの国であったはずのブータンで、少数派の民族故に迫害を受け難民となった人々についてのセミナーです

| | コメント (0)

次回例会は2月22日

222日午後2時から2時間程度
奈良県女性センターF

今年なにをするか
3月14日と15日の東京での総会のこと
トフティさんの手紙書き
など

続きを読む "次回例会は2月22日"

| | コメント (0)

1・18 2020年新年会のお知らせ

2020年1月18日(土)
11時~12時 奈良県女性センター 2F  学習会「徴用工問題」
参考図書「徴用工裁判と日韓請求権協定 韓国大法院判決を読み解く」(現代人文社)アムネスティの総会議長を務めておられる北井大輔さんが編集された本

12時過ぎ~14時頃 TRATTORIA piano 2F 食事会
https://trattoria-piano.owst.jp/

 

続きを読む "1・18 2020年新年会のお知らせ"

| | コメント (0)

国は死刑を必要と思っている?(二人の発言より)

フォーラム90主催 http://forum90.jp/event/archives/30

東京で開かれた「いつまで続く…安倍政治と死刑」より
「新聞記者」望月衣塑子さんとドキュメンタリー監督 の対談(約53分)

Newsweek日本版1月16日 https://www.newsweekjapan.jp/tokyoeye/2020/01/2020.php
西村カリンAFP通信記者

フランスの子供時代に死刑が廃止されたそうだ

「国は殺す権利を持っていいのか。裁判で犯罪者を殺すことを決めていいのか。フランスの高校では、哲学の授業でこんな議論をし、昔の哲学者が書いた文章を読みながら自分の考えを表現する。

「政治家が世論ばかりを尊重して物事を決めるとしたら、税金も廃止されるだろうが、そんなことは考えられない。同じく、世論が死刑を求めているから議論しない、廃止を考えないという姿勢は時代錯誤だと思う。」
以上2020年1月14日号掲載記事より

確かに、消費税率だってもっと低い方がうれしい。けれども必要なんだろう。上がったなあ、と思った。同じく国は殺す権利だって、必要で手放したくないのかもしれない。
どうか子供たちも考えて。子供とはいえ考えなかったら大人の思い通りに動く道具になってしまうだろう。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »