ニュース

Phyoe Phyoe Aung さんたち釈放

学問の自由を訴えた、ミャンマー(ビルマ)の全国的学生のデモによって、拘禁されていた学生運動家 Phyoe Phyoe Aung さんたちとその支持者を世界中のアムネスティは良心の囚人として、釈放を要請してきました

ライティングマラソン2015、日本支部、良心の囚人チーム、奈良グループとしても・・・
8日のメールで要請はがきを作成していたら、9日釈放されたというメール、
よかった、よかったヽ(´▽`)/

続きを読む " Phyoe Phyoe Aung さんたち釈放"

| | コメント (0)

毎日新聞奈良地方版記事「パレスチナを考える・・・

毎日新聞web 2015年10月12日(月)

http://mainichi.jp/area/nara/news/20151011ddlk29040331000c.html

講演会:パレスチナの実情語る 岡・京大院教授「世界が共犯者」 /奈良

毎日新聞 2015年10月11日 地方版に掲載

Cci20151012_0000_640x262_2

| | コメント (0)

平成26年9月定例会(奈良県議会)で可決された意見書

奈良県議会がヘイトスピーチ禁止の国内法整備を求める意見書を採択しました

ヘイトスピーチは許されるものではなく、私たちはこの決議を歓迎します

ただ、法制化はヘイトスピーチとは何かということについて国民の間でしっかりした理解がないととんでもない運用がなされる危険性も孕んでいます。その意味でも奈良グループ主催10月12日の講演会は大切だと思います。 

・ヘイト・スピーチ(憎悪表現)に反対しその根絶のため法規制を求める意見 

奈良県のホームページです。

奈良グループのイベントに関係があるので掲載します

 

続きを読む "平成26年9月定例会(奈良県議会)で可決された意見書"

| | コメント (0)

国連人権委員会、日本のヘイトスピーチ禁止を勧告

い2014年7月15日・16日、ジュネーブにおいて、国連の自由権規約委員会による日本政府報告書審査が行われました。

7月24日に、総括所見が発表されました。国連人権委員会のオフィシャルサイトから全文(英語)が参照できます。
http://tbinternet.ohchr.org/_layouts/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=CCPR%2fC%2fJPN%2fCO%2f6&Lang=en

ヘイトスピーチと人種差別についての部分です
Hate speech and racial discrimination 

12. The Committee expresses concern at the widespread racist discourse against members of minority groups, such as Koreans, Chinese or Burakumin, inciting hatred and discrimination against them, and the insufficient protection granted against these acts in the criminal and civil code. The Committee also expresses concern at the high number of extremist demonstrations authorised, the harassment and violence perpetrated against minorities, including against foreign students, as well the open display in private establishments of signs such as “Japanese only” (arts. 2, 19, 20 and 27). 

The State should prohibit all propaganda advocating racial superiority or hatred that incites to discrimination, hostility or violence, and should prohibit demonstrations that intended to disseminate such propaganda. The State party should also allocate sufficient resources for awareness-raising campaigns against racism and increase its efforts to ensure that judges, prosecutors and police officials are trained to be able to detect hate and racially motivated crimes. The State party should also take all necessary steps to prevent racist attacks and to ensure that the alleged perpetrators are thoroughly investigated and prosecuted and, if convicted, punished with appropriate sanctions

続きを読む "国連人権委員会、日本のヘイトスピーチ禁止を勧告"

| | コメント (0)

国連、武器貿易条約を採択

ATT(武器貿易条約)キャンペーンでオンライン署名がありhttp://www.amnesty.or.jp/campaign/att/index.html

けさ日経電子版によると、2013年4月3日付でATT案が採択されたというニュースが。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM0208P_S3A400C1FF1000/

続きを読む "国連、武器貿易条約を採択"

| | コメント (0)

Wake up, world: Syrians are dying (High quality version)

続きを読む "Wake up, world: Syrians are dying (High quality version)"

| | コメント (0)

ウォールストリートジャーナル日本版JAPANREALTIMEと毎日jpより

May 28, 2012, 7:52 PM JST.Nikon Cancels ‘Comfort Women’ Photo Exhibit

ニコンが韓国人写真家による「従軍慰安婦」の写真展を中止すると決定したことが物議を醸(かも)している。

Reuters
ソウルの日本大使館前で行われる元従軍慰安婦によるデモこの写真展は新宿ニコンサロンで6月26日~7月9日の日程で開催される予定だった。展示される写真には、1930年代と40年代に中国に駐留していた日本軍の従軍慰安婦だったと自ら名乗る女性たちの写真が含まれていた。

韓国人写真家、安世鴻氏の広報担当者によると、ニコン側が同氏に先週、電話をかけ、理由もなく写真展の中止を伝えたという。広報担当者はJapan Real Time(JRT)に対し、ニコン側は安氏に直接会って謝罪したい旨を伝えたが、安氏は中止の説明が得られるまでこれを拒否する意向だと述べた。

ニコンの広報担当者は中止の決定を認め、JRTに対し「諸般の事情を総合的に考慮して中止した。これ以上のことは申し上げられない」と述べた。

ニコンの広報担当者は詳細には言及しなかったが、写真展の開催に関して抗議を受けたとする日本のメディアが報道した内容については認めた。朝日新聞はインターネットの掲示板などに不満を訴える書き込みがあり、写真展を「売国行為」と呼ぶものや、写真展に抗議するものがあったと報道していた。

従軍慰安婦を巡っては、日本の政府関係者と議員らが今月初め、朝鮮系住民が多い米ニュージャージー州のパリセーズパークを訪れ、従軍慰安婦の碑を撤去するよう求めたことで火種がくすぶっていた。町側はこれを拒否し、この一件が報道されると米国内の各地で同様の碑の建立を検討する議論が噴出した。

安氏は写真展の中止に関して、このまま引き下がる気はなさそうだ。同氏の広報担当者によると、安氏は中止を受け入れることができず、ニコンに対し当初の予定通り写真展を開催するよう求めているという。

記者:Miho Inada

June 25, 2012, 7:49 PM JST.Judge Orders Nikon to Hold ‘Comfort Women’ Photo Exhibit

東京都新宿区のニコンサロンで26日から、韓国人写真家の安世鴻氏による元朝鮮人従軍慰安婦の写真展が始まった。ニコンは先月、写真展の開催中止を決定したが、東京地裁がニコンに対し予定通り会場を使用させるよう命じる仮処分を出したためだ。ニコンは東京地裁に異議を申し立てている。

ニコンの広報担当者は、今回の地裁の判断に逆らうようなことはしないが、写真展が終了する7月9日までにニコン側の要求が通れば、いつでも中止する予定だと述べた。

1942年に21歳で従軍慰安婦になったという女性写真展の開催をめぐっては日韓両国に強い感情的な反応が巻き起こった。ニコンは写真展の開催をいったんは承諾したものの、写真展に対する抗議が殺到したことから、先月になって突然、中止を決定した。安氏はこれを不服としてニコンが予定通り写真展を開催するよう求める訴えを東京地裁に起こし、伊丹恭裁判長は22日、ニコンに写真展の開催を命じる仮処分を出した。

写真展は「重重―中国に残された朝鮮人元日本軍『慰安婦』の女性たち」と表題がつけられている。

写真展の中止を決定した際、ニコンは安氏にその理由を提示しなかった。安氏の広報担当者は、ニコンが中止の理由として裁判所に提出した書類を公表した。そこには「本写真展も政治活動の一環として行われるものであり、『政治性』を有することが明らかになった。そこで、ニコンは、ニコンサロン写真展の本来の目的に合致しないことが明白となったので、展示という便宜の提供を中止することにした」とある。
ニコンの広報担当者は、現在係争中であることを理由に、この書類の真偽についてはコメントを控えた。

伊丹裁判長は写真の政治目的は写真展を中止する理由として無効であるとしている。仮処分決定文の中で、「写真展が政治性を有し、あるいは政治活動としての意味を有するものであるとしても、それは、写真文化の向上という目的と併存し得るものである」と伊丹裁判長は書いている。

安氏は10年にわたり、従軍慰安婦の写真を撮影し続けており、日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)のビデオインタビューの中で、写真展のタイトル「重重」の意味を説明している。写真展を紹介するハガキの写真を掲げ、安氏は「おばあさんの顔の皺が重なっている。70年前に慰安婦の被害を受けた。その苦痛が戦後も断絶せず、継続して現在でも続いている。苦痛が大きな塊になっている」と述べた。

写真展がどのくらい反発を買うのかは不透明だ。あるブロガーは「これ開催したらニコンは日本にいられなくなるだろう」と書いている。

日本共産党の新聞『赤旗』は「表現の自由守った」として東京地裁の決定を歓迎した。
記者:Miho Inada

毎日jp
写真展:「慰安婦」テーマ、ニコン異議認められず
毎日新聞 2012年07月04日 東京朝刊

 従軍慰安婦をテーマにした写真展に会場を使用させるよう命じた東京地裁の仮処分決定(6月22日)について、会場運営者のニコンによる異議申し立てが退けられていたことが分かった。同29日付。また同展を選抜したニコンサロン運営委員5人のうちの一人が辞任したことも分かった。
 写真展は、名古屋市在住の韓国人写真家、安世鴻(アンセホン)さんの個展「重重 中国に残された朝鮮人元日本軍『慰安婦』の女性たち」。ニコンは運営委員の選考により開催を決めたが、中止を通告。しかし安さん側の仮処分申請が認められ同展は東京都新宿区で同26日、開幕した。

| | コメント (0)

Daily Yomiuri Online /The Daily Yomiuri 2011年4月22日付 DY Weekend

online のニュースは、日が経つと削除されるので、つぎの記事を記録しておきます。

Cellist sends positive messages to Japan
Hiroko Oikawa / Special to The Daily Yomiuri

http://www.yomiuri.co.jp/dy/features/arts/T110421005268.htm

Czech cellist Vladan Koci has performed in Japan once or twice a year since 1994. Over this 17-year-period, he has increasingly found it more spiritually rewarding to perform at hospices, orphanages and senior homes in Japan and around the world.
"I've met so many nice people who are supporting good things in the world, such as Amnesty International, organizations in Hiroshima and Nagasaki and people working for charity," Koci said in an interview for The Daily Yomiuri ahead of his Japan tour to mark Amnesty International's 50th anniversary.
Among his many experiences, including a short performance at the memorial park in Hiroshima, Koci, 47, remembers a moving encounter a few years ago with a woman dying at a hospital in Suwa, Nagano Prefecture.
"The doctors wouldn't allow her to come to the concert. Instead, they asked me to come to play in the room for her...I was playing only Bach's cello solo...The room was small, people were there, and the chair was low, so I was very uncomfortable. But the music was so strong," Koci recalled. Something--be it the music, the energy, or an act of God--directly affected the woman, he explained. "Then her doctors allowed her to go to the concert, because everybody had felt something special."
Koci learned the woman died peacefully three days later while listening to a CD recorded by him and his family.
A professor at the Prague Conservatory and international performer of solo and chamber music, Koci says he is increasingly choosing to involve himself in this kind of activity. "I believe music is something that connects us with the eternal world; it helps us understand life--especially when people are in a difficult situation. It's important to think about things that are bigger and higher than our world here...It's the most important thing you can do with music."
Koci also has played across the globe with the Prague Cello Family, an ensemble with his cellist wife, his son--also a cellist trained at the Juilliard School in New York and now studying physics and medicine at a U.S. university--and his daughter, a violin student at the Prague Conservatory.
The profits from Furusato: Prague Spring (2008), one of the group's three albums, have helped sick children in Chernobyl and Iraq through the Japan Chernobyl Fund, organized by Dr. Minoru Kamata, writer and honorary director at the Suwa Central Hospital.
Koci's passion for such charitable causes is deeply rooted in his appreciation for the people who supported him during his Soviet-era imprisonment. For eight months in 1988 and 1989--the last two years of the communist regime--Koci, already the principal cellist with the Prague Chamber Opera, was imprisoned by the Czechoslovakian government after he refused to join its military. In 1989, he was released during the Velvet Revolution.
"The time wasn't simple because we didn't know the change would come so soon...In such a situation, suddenly you can see who is your friend and who isn't any more," he recalled. At the time, his family received letters and material support from around the world, much of it from Amnesty members, Koci explained.
"After the change of the political system I decided to support these [charitable] activities...This world is getting smaller and smaller. What happens in other countries is important to us...We try to help each other," he said.
Koci's program on this tour includes his own composition, "Out of the depths I cry to you, LORD," inspired by Psalm 130. It was a piece he wrote after his release.
"I'm not a composer, but I felt I had to write the music...It is like a prayer from my heart to God," Koci said. "It was an interesting experience for me to see that God can use you to do anything."
The piece describes the inner struggle Koci went through during his imprisonment and his dialogue with his wife and son, he explained. The music is mostly dark, but there is some light, he said.
Koci admits many people have asked him why he was traveling to Japan at this time, but he said now is the best time to come, as he wishes to support positive causes.
"In a difficult time like this, we have to think we have a short time to live. We have to ask why we are here," Koci said.
"The main reason why we are here is to do our best to make this world better...Look for God and try to do the best for other people," he added. "Such a hard experience can help us understand [why we are here]. But we have to ask for and to take positive things."
Vladan Koci will perform with pianist Ena Ariyoshi on April 23 at 6:45 p.m. at Yokohama Minato Mirai Hall in Yokohama. Call Amnesty Kanagawa at (090)********; April 27 at 6:30 p.m. at Doshisha University Kanbai-kan Hardy Hall in Kyoto; April 30 at 3 p.m. at United Church of Christ in Japan
Toyonaka Church in Toyonaka, Osaka Prefecture. For Kyoto and Osaka concerts, call Amnesty International Osaka Office at (06)********(Apr. 22, 2011)

続きを読む "Daily Yomiuri Online /The Daily Yomiuri 2011年4月22日付 DY Weekend"

| | コメント (0)

東日本入国管理センターのハンスト21日で一時中止

長期収容されている難民申請者の仮放免等を要求して5月10日(月)から開始された東日本入国管理センター(茨城県牛久市)のハンストのその後の情報です。

・茨城県選出の民主党国会議員が東日本入国管理センターのハンスト問題を国会で質問した。
・5月21日(金)ハンストを一時中止する。
・地元の難民、移民支援団体がハンスト実行者の委任で東日本入国管理センターと交渉する。
・交渉の内容次第ではハンスト再開もある。

難民申請者の長期収容者人達の仮放免が再開しても、それで終りではなくて、彼らの保証金・難民認定の審査結果がでるまでの住む場所・生活費をどうするかの問題がでてきます。
今後も日本の難民制度について、注目していきたいと思います。(小谷)

| | コメント (0)

ジャファル・パナヒ監督(イラン)保釈

イランの二人の映画人のUA対象者のひとり、パナヒ監督保釈のニュース。asahi.com http://www.asahi.com/international/update/0526/TKY201005260369.映画人たちが、嘆願書に署名していたという、コッポラ・スピルバーグ・レッドフォード・スコセッシら。http://www.cinematoday.jp/page/N0024601

これから革命裁判所で裁かれるそうです。彼は、テヘランの政治犯の拘禁施設で弁護士と家族の面会を求めハンスト中だったということですが、もうひとりの映画監督はかわりないのでしょうか。

| | コメント (0)